2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




季節の星座の見つけ方「春の大曲線と大三角形」

シェアする

(C)アストロアーツ/星空年間

「夏の大三角形」と聞くと『ああ星空の話か。。。』とすぐに

ピントくると思いますが、春の大曲線はそれほどメジャーではないので

「春の大曲線」と聞いてすぐにスピカへ続く線を思い描ける人は

星好きの方でしょうか?

春は少し夜でも霞がかって見えるので、星の数もあまり見えません。

そんな中でも1等星同士を結ぶ「春の大曲線」は比較的探しやすいと言えます。

そんなわけで

春の星座探しなどいかがですか?

春の大曲線の見つけ方

まず目印として、北の空の高い場所に

「おおくま座」のお尻からシッポにあたる「北斗七星」

見つけて下さい。

ひしゃくの形がはっきり見えるのがそうです。

そして、ひしゃくのツカの部分から弓なりにカーブを描くように

そのまま頭上へと延長し、

オレンジ色に見える星があります。

それが「うしかい座の1等星アルクトゥールス」です

それを通って

南の空で白く輝く星が終点で、聞き馴染みの方も多いかと、

「おとめ座の1等星スピカ」です。

「おおくま座の北斗七星」→「うしかい座のアルクトゥールス」→

「おとめ座のスピカ」を結ぶ曲線が「春の大曲線」です。

無事見つけられましたか?

春の大三角形の見つけ方

そして実は「春の大三角形」と言われる星があります。

おとめ座のスピカを見つけられたなら簡単です。

結ぶ点は

「うしかい座のアルクトゥールス」と「おとめ座のスピカ」は同じです。

スピカから天頂よりに南の方1等星があります。

しし座のデネボラ」です。

この3つを結ぶ線が「春の大三角形」と言われています。

先ほどは春の大曲線の一番先に見つけてもらった

春の大曲線をスピカから探す

当然と言えば当然ですが、逆側からの探せます。

南向きの方が星が探し易いと感じている方には、スピカから探してみてください。

おとめ座は春の星座の代表格でもありますね。

その中で、スピカは1等星ですし、目の高さも丁度良い感じです。

スピカの目印は以外にも「からす座」の歪んだ四角形ですね。

春の夜空に南側に1等星を見つけて、その右下に歪んだ四角形があると、

その1等星はスピカと思って大丈夫いでしょう。

スピカが見つかると、最終的に北側を向くことを意識してください。

うしかい座のアルクトゥールス」は、スピカから左側の空を天頂に向かって、

仰ぎ見ましょう。

割と近い位置に、赤っぽい1等星が見つかります。それが「うしかい座のアルクト

ゥールス」です。その先に北側を向いたら、七つの柄杓型の星の並びが見つかる

でしょう。

そうして、繋げると春の大曲線となります。

それぞれの星座の詳しい見つけ方は、こちらをご覧ください。

黄道星座ではありませんが、1等星があることや、春を代表する星座であることから、存在感のある「うしかい座」です。
「おおぐま座」の見つけ方を紹介しました。春の代表的な星座で、北側にあるので、「おおぐま座」の名前を聞くよりも「北斗七星」のある星座としての認識の方が浸透しているかもしれませんね。
「おとめ座」は全天で2番目に大きな星座です。横の大きく広がっています。「しし座」春の先駆けで、昇り始めた後を追うように、「おとめ座」の姿を現します。春先は南東の空に見え、ゆったりと南、西へと傾いてゆきます。

「おおくま座」についてすこし。。。

この星座は古来、「車」とみる説と、「熊」とみる説と両方存在していました。

ホメロスがこの星座を「車」と呼び、中国でも「帝車」と呼ばれていたりしましたが、

やがては熊の姿として定着していきました。

ギリシャ神話では、この熊は月の女神アルテミスの侍女の一人、「カリスト」が

変身させられた姿とされています。

カリストは、処女神アルテミスの侍女にふさわしく、

活発で男勝りの美女でしたが、ゼウスがカリストを見初め、

アプローチします。

しかしカリストは相手にしません。

そこで、ゼウスは主のアルテミスの姿に変身して、カリストに近づき、

身体を奪ってしまいます。

その結果、カリストは男子を身ごもります。

これを知ったゼウスの妻ヘラは、嫉妬のあまりカリストを

熊に変えてしまいます。

そして、悲劇は続きます。

カリストの息子アルカスは、

ある時、森の中で醜い熊にばったり出会います。

その熊こそ実母のカリストなのですが、

アルカスはそのこと気が付くはずもなく

母を狩ろうとします。

しかしその時にゼウスがそれを知り、

息子に母殺しの大罪を犯させたくないばかりに

アルカスも熊の姿に変身させてしまう。。。

これが、おおくま座(カリスト)とこぐま座(アルカス)の

由来となりました。

ちなみにこぐま座のシッポの先に光る星が「北極星」です。

春の夜空を眺めるときに熊の親子も探してみてください。

まとめ

春の大曲線と大三角の見つけ方を紹介しました。

春の大曲線は日本の方、探し方を提唱しました。

スピカも真珠星と昔から呼ばれていて、北斗七星も古くから使われていました。

そんな二つの間にある1等星を結んで、美しい曲線を描くという発想は、

日本人らしいなと感じます。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »