春の星座の見つけ方「からす座」

春の星座




(C)国立天文台

 

このページは春の星座の「からす座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「からす座」

 

🌟「からす座」をご存知でしょうか?

小さな星座で、明るさも3等級ほどの4つの星が台形が

少しゆがんだような形に並んでいます。

 

さて、「からす座」を探してみましょう。

 

(C)アストロアーツ/星空年間

 

見つけ方

 

 

🌟南の空をゆっくり目を向けると、

「おとめ座」のスピカが1等星の輝きを放っているのが

わかることでしょう。

 

スピカの少し西よりではありますが、すぐ下に

小さなゆがんだ台形が「からす座」です。

 

目印があるのはいいですね。

 

近くには、「うみへび座」の尻尾が地平へんから覗いていたり、

「ケンタウロス座」体半分地上に出ている姿がみられます。

 

春の星座の見つけ方「ケンタウルス座」
「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。

 

 

 

「からす座」の歴史は古く紀元前1900年頃には誕生していました。

その頃の古代アラビアでは、「からす座」の台形を、

砂漠に張ったテントにも見立てられていました。

 

台形の上辺のγ(ガンマ)星とδ(デルタ)星の延長線上に

「おとめ座」のスピカがあることから、イギリスでは

「スパイカのスパンカー」と呼ばれています。

 

これは「スパイカ」はスピカのことで、「スパンカー」は

帆船の一番後ろにある縦帆を表す言葉です。

 

このように形が船と捉える見方はその他にも日本でも

「帆掛け星」と呼ばれることもあります。

 

また、この4つの星がなぜ「からす座」と言われるのか、

詳しくは「からす座」の神話でお話しますが、

 

ある罰から4本の釘で天に貼り付けられた姿と言われています。

 

 

 

🌟地球から6000万光年離れた「からす座」ですが、

2つの銀河の衝突で、できたと考えられていて、

いまは衝突の衝撃で、星間ガスとチリがヒゲのように

伸びています。

 

 

このヒゲのようなところから「アンテナ銀河」や「触覚銀河」とも

呼ばれています。

 

しかし、やがて、この二つの銀河は融合して、一つの大きな銀河へと

なっていきます。

 

そうなれば、見た目がきっと「アンテナ」状ではなくなるので

何かしらの名前が付けられるはずです。

 

それは約10億年後の話ですが、

 

はるか未来の話ですね。

 

 

 

からす座の神話

 

からす座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

星座の神話「からす座」
「からす座」は古くから認識されている星座です。今頃は、だいぶ南西の空の低いところで少しゆがんだ台形が目に付きます。実は「嘘つきカラス」でその嘘のせいで夜空に貼り付けられたお話です。

 

 

基本情報

学名 Corvus(略号Cry)
中央位置 赤経:12h24m   赤緯-18°
概略範囲 東12h54m,11h54m,北-13°,南-25°
20時南中 5月23日(高度37°)
面積 183.80平方度(順位70)
肉眼星数 11個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アルキバ 4.0等星

β星:クラズ 2.7等星

γ星:ギエナ 2.6等星

δ星:アルゴラブ、重星、3.1~8.4等星

NGC4361:惑星状星雲、10.8等

見どころ δ星=歪んだ台形の左上にある二重星です。3.1等星と8.4等星の二つの星が24.2″の間隔で並んでいます。大気の安定した夜に、口径6cmで分離できます。

この他の春の星座

 

この他の春の星座はこちらからお探しください。

 

春の星座たち
春の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「春の星座」
春の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

春以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

まとめ

🌟「からす座」の見つけ方を紹介しました。

 

春の代表的な星座の一つの「おとめ座」の1等星のスピカを、

目印にして探せるので、小さい星座ですが、

見つけやすいでしょう。

 

良い観望でありますように。。。。。

 

 

 

参考文献・サイト一覧はこちら

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
https://marchof-gabriel.com/page-4478
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました