季節の星の見つけ方「北極星」

星コラム




(C)国立天文台

 

 

🌟北極星は現在は「こぐま座」のα星ポラリスとなっています。

これはこの付近に天の北極があるからです。

 

このページでは、探し方をご紹介します。

上記の星座図は北極星と北斗七星とカシオペヤ座の関係を表しています。

 

こぐま座がすぐわかる時

(C)アストロアーツ/星空年間

 

🌟北斗七星と対になる様な感じで、小さなスプーンに似た形を「こぐま座」全体で

表しています。北極星は「こぐま座」の尻尾の先にある星です。スプーンでいうと、

手の持つ方ですね。その一番端の星がα星ポラリスです。

 

ただ、「こぐま座」の星は明るい星があまりありません。

β星のコカブが2等星で、明るい方です。頼みの綱のα星のポラリスは実は、変光して

いて、2~9等星まで明るさが変わっています。

 

ポラリスは重星で、その為、変光していると考えられています。しかしその重星は

少し前までは2重星と思われていましたが、最近3重星であることがわかりました。

 

ポラリスAとポラリスBは口径10cmほどで、2重星と確認できますが、ポラリスAの

の方に、Abとされた星があり、これはハッブル宇宙望遠鏡でやっと分離できる程

近くに見えています。

 

夏の星座の見つけ方「こぐま座」
こぐま座」の見つけ方を紹介しました。北極星からダイレクトな探し方と、カシオペヤ座やおおぐま座から探す方法を紹介しましたが、北極星がどこに見えるのか一度探して見ましょう。方角の基準になるのでぜひ。

 

カシオペヤ座から探す時

(C)アストロアーツ/星空年間

 

秋には「カシオペヤ座」が見ごろなので、カシオペヤ座から探してみましょう。

 

❶「W」に見た時の右側の

「β(ベータ)星」上側と「α(アルファ)星」下側、

その2点を結ぶ線を下側のα星の方へ延長します。

 

❷「W」に見た時の左側の

「ε(イプシロン)星」上側と「δ(デルタ)星」下側、

その2点を結ぶ線を下側のδ星の方へ延長します。

 

❸ 上記1と2の延長した交点と、「W」の真中にある

「γ(ガンマ)星」とを結んで、その長さの5倍を

γ星の方へ伸ばしたところが北極星の位置になります。

 

秋の星座の見つけ方「カシオペヤ座」
カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。

 

 

北斗七星から探す時

 

(C)アストロアーツ/星空年間

 

 

春は北斗七星の「おおぐま座」から探して見ましょう。

 

北斗七星の見頃は春からです。春の宵には北西に姿を表して、夏の間、比較的

見やすい位置を動いてゆきます。

 

北斗七星の枡の先にあるβ星とα星を結んでその長さを5倍延長したところに

北極星があります。

 

春の星座の見つけ方「おおぐま座」
「おおぐま座」の見つけ方を紹介しました。春の代表的な星座で、北側にあるので、「おおぐま座」の名前を聞くよりも「北斗七星」のある星座としての認識の方が浸透しているかもしれませんね。

 

 

移動してゆく北極星

(C)国立天文台

🌟上記の赤丸が順番に北極星になってゆく星たちです。

 

🌟現在、北極星は「こぐま座」のα星ですが、

歳差運動という、地球の自転軸が止まりかけたコマの様な、円運動をしていて、

長い年月をかけて、持ち回りで変わっていきます。

 

その年月は約25800年周期です。

 

1 こと座α星ベガ 紀元前11500頃
2 りゅう座α星トウバン 紀元前2790年頃
3 こぐま座α星ポラリス 紀元前1100年頃〜現在〜西暦2100年頃、最も天の北極に近づきます。
4 ケフェウス座γ星エライ 西暦4100年頃
5 ケフェウス座β星アルフィルク 西暦6000年頃
6 ケフェウス座α星アルデラミン 西暦7800年頃
7 はくちょう座α星デネブ 西暦10200年頃
8 はくちょう座δ星 西暦11600年頃
1 こと座α星ベガ 西暦13000年頃

ほぼ同じ行程を繰り返します。ただし、恒星固有運動のためにずれはあります。

 

 

(C)NASA

 

 

まとめ

🌟「北極星」の見つけ方を紹介しました。

 

「こぐま座」からダイレクトな探し方と、「カシオペヤ座」「おおぐま座」から

探す方法を紹介しましたが、季節のよって星座は変わります。

 

動かない北極星が、どこに見えるのか一度探して見ましょう。

方角の基準になるのでぜひ。

 

良い観望でありますように。。。。

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました