2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「や座」

シェアする

このページは夏の星座の神話「や座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

神話というにははっきりしたものがありません、というのも、「矢」にまつわる

お話ではなく、その持ち主のお話だからです。

しかも、この「矢」の持ち主には諸説あります。

愛の神エロス

一般的には、愛の神エロス(ローマのキューピッド)の持ち物と言われています。

エロスは軍神アレスと愛と美の女神アフロディーテの子です。

いつも弓と矢筒を携えていました。

エロスの矢には神通力があり、黄金の矢で射られると、神も人間も恋心を起こし、

鉛の矢で射られると、激しい恋も立ちどころに、冷めてしまったといいます。

エロスはこの矢を使って、オリンポスの神々を色々悩ませていました。

この説はよく利用されることがあり、物語でも劇中でも、人騒がせなキューピッド

が悪戯に矢を放ち、周りを混乱される。。。などです。

または、

英雄ヘラクレスが友人ケイローンを射抜いた「矢」であるというのもあります。

英雄ヘラクレス

これはいて座にも由来します。

というのも、ヘラクレスの矢で亡くなったのが、いて座のモチーフの人物、

ケイロンなのです。

ヘラクレスにもケイロンを殺すつもりも、理由もありませんでした。

所謂、事故の様な出来事で、誤って放った矢が、ケイロンに命中します。

ですが、この時のケイロンは不死身でした。

ケイロンがなぜ不死身かというと、時の神とニンフとのハーフで、神の力を

多く引き継いでいたためです。

普通なら矢が刺さったくらいでは死にません。

ですが、ヘラクレスの放った矢には、ヒドラの血でが塗られていました。

ヒドラの血は毒でできていたのです。

ケイロンは毒の犯されながら不死身のために死ねません。

苦しみだけが続きます。それを見かねた、ヘラクレスが大神ゼウスに頼み。

ケイロンの不死を解いてもらいます。

そして、死の国へ旅立ちました。

ですがケイロンはとても良い人でたくさんの人からも尊敬されていたので、

いて座になりました。

詳しくはいて座の神話をお読みください。

「いて座」は黄道12星座の9番目に位置しています。古くは古代バビロニアのころから、その姿が認められていて、ギリシャ時代には、重要な星座として数えられるようになりました。今回はそんなギリシャ神話からのお話です。

さらにもう一つは、

太陽と音楽の神アポロンが、サイクロプスを殺した矢とも言われています。

太陽と音楽の神アポロン

サイクロプスは、天空の神ウラノスと大地の女神ガイアの間に生まれた、

3人の一つ目巨人です。

3人共に城壁作りや、鍛治の技に優れていました、ですが父であるウラヌス神には

嫌われてい、なんと奈落の底のタンタロスに幽閉していました。

それを解放したのが、大神ゼウスでした、彼らは恩を感じて、大神ゼウスに雷を

作って贈りました。それからというもの、3人は鍛治の神へーパイストスの元で、

ゼウスのために、雷を作り続けました。

ある時に、アポロン神の息子アスクレーピオスが、死人を生き返らせた事から、

世の秩序を乱しとされ、大神ゼウスは雷を投げてアスクレーピオスを殺して

しまいます。

これに憤ったのは太陽と音楽の神アポロンです。息子を殺された腹いせに、

雷を作ったサイクロプスを矢で射殺してしまいます。

このサイクロプスを殺した矢が「や座」ということです。

その後、この蛮行を怒った大神ゼウスは償いとして、アポロン神を地上に落とし、

1年間、テッサリア地方のペライ国の王に仕えることを命じたそうです。

神々の世界ではちょっした騒動の様ですね。

「や座」の見つけ方

「や座」夏の星座です。

夜空に輝く「や座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

や座」の見つけ方を紹介しました。小さな星座ですが、特徴のある形で、見つけると良いことありそうです。周りの星座とも合わせて覚えて欲しい星座の一つです。

この他の夏の星座の神話

この他の夏の星座神話はこちらからお探しください。

    夏の星座の神話を紹介します。 いて座     いるか座 &nb…

夏以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

🌟「や座」の神話を紹介しました。

諸説ありますが、一番ポピュラーなものがキューピッドの矢でしょうね。

その他の、ケンタウルス族のお話は、他にも関連のある神話があるので、

いて座などを、合わせて読んでみてください。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »