2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神座「いて座」

シェアする

このページは夏の星座の神話「いて座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

「いて座」黄道12星座の9番目に位置しています。

古くは古代バビロニアのころから、その姿が認められていて、

ギリシャ時代には、重要な星座として数えられるようになりました。

今回はそんなギリシャ神話からのお話です。

「いて座」の神話

「いて座」は、下半身が馬、上半身が人間という姿をした、

不思議な伝説上の生き物のケンタウルス一族の姿を映しています。

夏の星座には、「いて座」とは別に「ケンタウルス座」という星座も

存在しています、その解説はまたの機会に。

さて、ケンタウルスは、ひどく乱暴で野蛮な種族で有名なのですが、

その首長であるケイロンだけは別格でした。

ケイロンは大神ゼウスの父である、時の神クロノスとオケアノスの娘で

ニンフのピリュラとの間に生まれました。

クロノス神は嫉妬深い妻の女神レイアの目を、ごまかすために馬の姿で

ピリュラに、会いに行っていました。

そのためケイロンは上半身は人間で下半身は馬の姿になったということです。

ケイロンは賢明で正義感が強く、アポロンとアルテミスの兄妹神に愛されました。

アポロン神は、音楽、医術、薬草学、天文学や予言の力をケイロンに与え、

女神アルテミスは狩りの技を教えました。

やがて、ケイロンはペーリオン山の洞窟に住んで、若い英雄たちを

次々に教育しては世に送り出していました。

英雄ヘラクレスに戦いの技を教え、アポロン神の息子のアスクレピオス

を名医に育て上げました。

そのほか、勇将アキレウスや英雄イアソン、ふたご座のカストルとポルックス

などはすべてケイロンの弟子だったそうです。

しかし、この偉大な導師であるケイロンに、

突然不幸が降りかかります。

当時、ケイロンはマレア半島に移り住んでいました。

ある日突然に、ケイロンの家に3人のケンタウルス族が逃げ込んできました。

その3人は英雄ヘラクレスに追われていたのです。

始まりは些細なことでした、ケンタウルス族と英雄ヘラクレスとの

間に酒の席で諍いが起こりました。

その時逃げた3人のケンタウルス族が飛び込んだ一軒家に

後先を考えずヘラクレスは矢を放ちました。

矢を放った後、家の中にヘラクレスが飛び込んできて、目の前の光景に

真っ青になりました。

その矢は扉を打ち破りあろうことかケイロンの膝に突き刺ささっていたのです。

しかも、そのやには妖獣ヒドラの体液から作られた猛毒が塗られていたため、

耐え難い苦しみを半人半獣の賢者にもたらすこととなりました。

ところが、幸か不幸か、ケイロンは神の血を引いているので、

不死身でした、死ぬに死ねません。

このままでは永遠に苦しみが続くことになります。

ケイロンの苦しみを見かねたヘラクレスは、神々の王ゼウスに祈り、

ケイロンの不死性を解いてもらういました。

そうしてようやくケイロンは苦しみから解放され、

安らかに死の国へ旅立ちました。

ケイロンの死を惜しんだ大神ゼウスは、ケイロンの姿を星座にしました、

それが「いて座」となったということです。

死後、ヘラクラスは、神々の仲間に加えられることになります。これは、神々の息子達の中ではヘラクレスだけでした。のちに、女神ヘラとも和解し、そのくほどに美しい青春の女神へーべを妻として、オリンポスで平和に暮らしました。
「ケンタウルス座」の神話を紹介しました。半人半馬の「ケンタウルス族」がどうして星座として夜空を彩るようになったのか。古代メソポタミアから星座として認識されていて、南半球と北半球とまたがっているところに位置しています。

「いて座」の見つけ方

「いて座」夏の星座です。

夜空に輝く「いて座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「いて座」の見つけ方を紹介しました。「いて座」は「さそり座」と、共に黄道の9番目の星座として古くから存在する星座の一つで、アッシリアの彫刻では、サソリの胴体を持った人間が弓矢を引き絞っている姿で描かれています。

「いて座」黄道12星座でもあります。

黄道12星座をまとめて紹介しました。それぞれの星座の見つけ方の詳しい説明は各ページをご覧ください。全体を通しての、黄道12星座の関係性がわかれば、さらに星に興味を、持てるかと思います。

この他の夏の星座の神話

この他の夏の星座神話はこちらからお探しください。

    夏の星座の神話を紹介します。 いて座     いるか座 &nb…

夏以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

🌟「いて座」の神話を紹介しました。

ケンタウルス族のお話は他にも関連のある神話があるので、

合わせて読んでみてください。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »