2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「天文に関する用語集ーま行・や行・ら行・わ行・数字/記号」

シェアする

(C)NASA

天文関係の用語を簡単な説明をつけてまとめてみました。

参考になれば幸いです。

今回は〈ま行〉・〈や行〉・〈ら行〉・〈わ行〉・〈数字/記号〉です。

ま行

 マイクロ波 波長が赤外線や可視光より長く、電波より短い電磁波。
 マントル 岩石惑星や大型衛星において、地殻と核の間に位置する岩石の層。

 見かけの等級 地球から見た天体の明るさを示す尺度。天体の明るさと、地球からの距離で変化する。天体が明るくなればなるほど、見かけの等級を表す数値は小さくなり、極めて明るい天体では負の値を取る。
脈動変光星 変光星を参照
 ミラ型変光星 くじら座の恒星ミラに由来する、変光星の一種。ミラ型変光星は、温度の低い脈動巨星で、100日から500日あまりの周期で、光度が変化する。

 明暗境界線 月や惑星の表面で、太陽に照らされた領域と、影になる領域の境目。
メシエ・カタログ  1781年に初版が刊行された星雲や星団、銀河など星雲状に見える天体カタログ。このカタログに記載された天体は、大文字のMの後に番号を付けて呼ばれている。

や行

陽子 全ての原子核に存在する、正の電荷を持つ粒子。3個のクオークで構成されている。
 陽電子 反粒子を参照

ら行

 離角 地球から見た太陽と惑星、あるいは惑星以外の太陽系天体との角距離。地球の軌道より内側を回る、水星や金星が取り得る、最も大きな離角を最大離角という。
 離心率 天体の軌道が、どれだけ真円に近いかを、示す度合い。離心率0は完全な円を表し、数値が大きくなるほど、扁平度が高い楕円を意味する。最大値は1。
 流星 地球の大気にぶつかった流星体の、圧縮加熱で高温になり、わずかの時間だが、光を放ち流れるように見えるもの。流れ星ともいう。
 流星体 惑星間空間に存在し、太陽の周りを回っている岩石や金属、氷などのかけらや粒子。

 レゴリス  惑星や衛星の表面を覆っている、塵や固着していない岩石紛の層。
 レプトン 電子やニュートリノなど、質量の小さな素粒子。軽粒子ともいう。
 レンズ状銀河 凸レンズの形状をした銀河。中央部が膨らんだ円盤構造をしているが渦状腕ではない。
 連星 重力で結ばれ、共通の質量中心(重心)の周りを、軌道運動する2個の恒星。

わ行

 環(リング)  惑星の赤道面上をめぐる、小さな粒子やかけらで構成された、平たい帯状の構造。木星、土星、天王星、海王星はいずれも多数の環を持っている。
 矮星 質量が太陽と同等、もしくはそれ以下の恒星。矮星のほとんどは主系列星である。
 惑星 恒星の周りを公転する天体で、その軌道から天体のかけらなどを、完全に排除できるだけの質量を持ち、ほぼ球形をしているもの。
 惑星状星雲 太陽と同等の質量を持ち、進化の最終段階に、近づきつつある恒星が、放出したガスが球殻状に広がって、輝いているもの。小型望遠鏡では、惑星に似た円盤像として見える。

数字・記号

 Ⅰa型超新星 白色矮星が星全体を吹き飛ばすような、爆発を起こすタイプの超新星。
Ⅱ型超新星 大質量星の中心核が重力崩壊を起こし、中心核以外の部分を、吹き飛ばしてしまうタイプの超新星。崩壊した中心核は、中性子星になることが多い。

まとめ

🌟天文関係の用語を簡単な説明をつけてまとめてみました。

今回は、ま行、や行、ら行、わ行です。

少しでも参考になれば幸いです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »