冬の星座の見つけ方「ろ座」

(C)国立天文台

日本からは低い位置でしか見られず、周りにも同じ様な 、

4等星ほどの星で形作られた星座があり、見つけにくい「ろ座」です。

どこから探していいのか少し迷いますが、

見つけてみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟まずは、大体の位置は、「エリダヌス座」の蛇行を避ける様に

出来た岸の部分にひっそりとあります。

ということはかなり南に位置していることが推測できますね。

まず、「エリダヌス座」のおさらいも兼ねて、「オリオン座」から。

オリオンの足に当たる、リゲルを見つけます。

1等星なので、すぐ見つかります。そのすぐ西側に「エリダヌス座」の

川の始まりです。

そこから南西に向かって緩やかに流れてゆき、「くじら座」のところから

蛇行が始まります。

その蛇行のすぐ南下に星座図では反対向き(南半球からは正位置です)ですが、

「炉」が描かれています。

「炉」と言っても、緩やかなジグザグな線ですが、

「ろ座」のさらに西側には「ちょうこくしつ座」があります。

この辺りは星のよく見える条件の揃った場所でないと、

見つけるのは難しいです。

標高のある場所か、空の開けた場所、光害の少ない場所、

などへ行かれて際にはぜひ、探してください。

「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、蛇行しながらですが長い星座です。地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、頑張って探してみてください。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。
秋の星座「ちょうこくしつ座」のみつけ方を紹介しました。南の低い位置にあったり、星明かりがあまり明るくない、などの見つけにくい要素があるのですが、その位置は秋で唯一の1等星のすぐ左隣にあるなど、位置の確認はたやすいので、是非とも探してみて下さい。

🌟「ろ座」は18世紀に作られた新しい星座です。

星座図の「炉」は化学実験の時に使う炉を象ったものです。

元は、ラテン語で「Fornax Chemica」(化学実験炉)と呼ばれていました。

制定者のラカイユの星座絵には、炉に乗る二つのガラス製の化学実験器具が

描かれています。

🌟「ろ座」には明るい星はありませんが、最も近い銀河団の一つの

「ろ座銀河団」があります。

ですがこの銀河団も天体表面光度が極端に小さいために、

おびただしい銀河も群れですが、大望遠鏡でないと捉えられません。

基本情報

学名 Fornax(略号For)
中央位置 赤経:2h46m   赤緯-32°
概略範囲 東3h48m,西1h44m,北-24°,南-40°
20時南中 12月23日(高度23°)
面積 397.50平方度(順位41)
肉眼星数 12個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体 α星:重星、4.0~7.2等星

ω星:重星、5.0~8.7等星

NGC1316:棒渦巻き銀河、9.3等星

見どころ ω星=5.0等星と8.7等星の二つの星が10.8″の間隔で並んだ二重星です。口径5cmで分離することができます。

まとめ

🌟「ろ座」の見つけ方を紹介しました。

あまり目立つ星座ではありませんし、南下にあって、観測しにくいですが、

確かにある星座ですので、

観測好機にはぜひ観望してください。

見えにくい星を見つけ時の喜びはひとしおです。

良い観望であります様に。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。