2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




冬の星座の見つけ方「エリダヌス座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは冬の星座の「エリダヌス座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「エリダヌス座」

ちょっと聞きなれない星座の「エリダヌス座」をご存知ですか?

名前を聞いた時は、人の名前かな?

と思ってました。

ですが違ったんですね、実は川の名前なんです。

神話の中に登場する川の神様の名前でした。

川の神様の名前というと、真っ先の思いつくのは「琥珀川」

。。。。「千と千尋の神隠し」です。

すいません余談ですね。

話すと長いです。

では、気を取りなおして、

「エリダヌス座」を探してみましょう。

見つけ方

🌟川だけに、長いです、蛇行もしてます。

大体の位置は、南の低い位置にあります。

上部は見えていますが、河口は地平線の下まで続きます。

それらを踏まえて。

始まりは「オリオン座」のβ星リゲルの脇から西へ東へ蛇行しながら、

地平線の下へ向かっています。

川の終点は、「川の果て」という意味の1等星のアケルナルがあります。

せっかくの1等星で、目印にもして欲しい、ところですが、

九州の南部より南でないと見ることができません。

「オリオン座」のリゲルはオリオンの足にあるので、

オリオン座の下側に光る1等星です。

そのすぐ右横に控えめな、3等星から始まりです。

「おうし座」の下を通り、「くじら座」の腕をかすめて、

歪んだ「S」字を書くように繋がって、地平線へと流れこんでいます。

なかなか、目立つ星がないので、見つけるのは難しい星座の一つです。

星がよく見える場所でなら、見つけられるでしょう。

挑戦してみてください。

(C)アストロアーツ/星空年間

「エリダヌス座」にある天体

「エリダヌス座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

「クレオパトラの瞳-NGC1535」について紹介しました。青くボンヤリした光り方が、惑星状星雲の特徴をよく表していて、その上、美しい天体です。クレオパトラの名前に、負けてない美しさです。

エリダヌス座の神話

エリダヌス座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください

「エリダヌス座」は川の名前ですが、その川にもまつわる神話が残されています。簡単に紹介します。主人公は川ではなく、太陽神ヘリオスの息子のファエトンという青年です。

おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。

基本情報

学名 Eridanus(略号Eri)
中央位置 赤経:3h15m   赤緯-29°
概略範囲 東5h09m,西1h22m,北00°,南-58°
20時南中 1月14日(高度25°)
面積 1137.92平方度(順位6)
肉眼星数 79個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アケルナル 0.5等星

β星:クルサ 2.8等星

γ星:ザウラク 3.0等星

θ星:アカマル、重星 3.3~4.4等星

NGC1300:棒渦巻き銀河、11.1等星

NGC1535:惑星状星雲、9.6等星

見どころ NGC1300=典型的な棒渦巻き銀河です。τ4星の上(北)に位置しています。光度は11.1等星と暗いものの、口径8cmで淡く捉えることができ、口径15cm以上になるとはっきりします。

この他の冬の星座

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。

神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、

蛇行しながらですが長い星座です。

地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、

見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、

頑張って探してみてください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »