秋の星座の見つけ方「ほうおう座」

晩秋から初冬のころに、、南の地平線すれすれに顔を出す星座です。

全貌は沖縄辺りへ行かなければ、見えないほどの低い位置です。

では探してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大まかな位置としては、「ちょうこくしつ座」の南のあります。

「ちょうこくしつ座」の南の低いところで、しかもあまり目立ちません、

かなり探すのは困難ですね。

秋の星座は時にな立つ星が少ないので、頑張って見つけてください。

一番近い目印は「みなみのうお座」のフォーマルハウトが唯一、

秋の1等星なので、それを見つけます。

南に黄道からし少し下がったあたりに光る1等星がフォーマルハウトです。

そのすぐ東に「ちょうこくしつ座」があります。

「ちょうこくしつ座」を挟んで、「くじら座」のβ星デネブ・カイトスの

2等星と、「ほうおう座」のα星ザウラクの2.4等星で、

三角形がなんとなくできます。

このα星が頭部になります。そこから左へ見えている部分だけを見ると

「M」を引き伸ばしたような並びになります。

その「M」の、左の山形の方はひし形になるように、

4等星を結んで鳳凰の尾の部分となります。

さらに隠れ家いる部分は、「エリダヌス座」の1等星アケルナルが

右となりにあります。

沖縄へ行った際には見つけてください。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
秋の星座「ちょうこくしつ座」のみつけ方を紹介しました。南の低い位置にあったり、星明かりがあまり明るくない、などの見つけにくい要素があるのですが、その位置は秋で唯一の1等星のすぐ左隣にあるなど、位置の確認はたやすいので、是非とも探してみて下さい。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。

🌟学名のフェニックスはエジプトの伝統的な霊鳥で、アラビアの砂漠に住み、

500年の寿命が終わると、自ら巣に火を放ち、灰の中から再び生まれ変わる、

と言われています。

日本名の「鳳凰」は古代中国に伝わる霊鳥で、雄を鳳、雌を凰と呼んで、

嘴は鶏、頷は燕、頭の前は麒麟で後ろは鹿、首は蛇、背中は亀、

尾は魚で龍のような鱗をつけていると言われています。

基本情報

学名 Phoenix(略号Phe)
中央位置 赤経:00h54m   赤緯=49°
概略範囲 東2h24m,西23h24m,北-40°,南-58°
20時南中 12月2日(高度6°)
面積 469.32平方度(順位37)
肉眼星数 27個(5.5等)
設定者 バイエル(カイザーとホウトマン)
主な天体 α星:ザウラク 2.4等星

β星:重星 4.0~4.2等星

ζ星:重星 4.0~6.8等星

見どころ β星=二重星になっていて、4.0等星と4.2等星の二つの星が1.35″の間隔で並んでいます。口径8cmで分離できます。

ζ星=こちらも二重星で、4,0等星と6,8等星の二つの星が、6.19″の間隔で並んでいます。口径8cmで分離できます。

まとめ

🌟「ほうおう座」の見つけ方を紹介しました。

とても低い位置にあり、全貌はより南へ行かなければ見えない程です。

出ている部分の形などを、周りの星から探す方法を紹介しました。

良い観望でありますように。。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。