2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



春の星座の見つけ方「かに座」

シェアする

(C)国立天文台

🌟寒さが緩みだした頃に、ゆっくりと顔を出す「かに座」は、

黄道12星座の4番目の星座です。

探して見ましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大まかな位置は、黄道星座の「ふたご座」と「しし座」の間にあります。

かに座を形取る星は、4等星以下の暗い星が多いのですが、

目印になる星団があります。

「プレセべ星団」M44があります。この星団の方が3等星ほどの明るさで、

確認できます。

では、場所を具体的に。

プレセべ星団は蟹の甲羅に当たる四角形の中にあるのですが、

目印にするのは、周りの1等星が良いでしょう。

「かに座」よりも先に東の空から昇っている「ふたご座」のポルックスは、

かに座よりも右側にあります。

「ふたご座」と同じ頃に「こいぬ座」のプロキオンも顔を出しています。

かに座の下にあります。

そして「かに座」よりも後に昇るので、出ていない時もあるかもしれませんが、

「しし座」のレグルスはかに座の左にあります。

これらの1等星を結んだ三角形の真ん中あたりに、4等星ほどの明るさの、

四角形がありその中に3等星の光が見えます。

それが「かに座」の甲羅です。

最後にハサミや足ですが四角形の星からそれぞれ、南北に7°ほど伸ばしてゆくと

4等星ほどの光に行き着きます。

黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。冬の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、見ても楽しいです。そして「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、合わせて見つけ方も紹介します。
「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。
形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

🌟目立たない星の集まりですが黄道にあるために、古くから知れ渡っている

「かに座」です。

この場所が「かに座」になったのには、この辺りには明るい星がなく、

海の底のように暗いところに隠れる蟹をイメージしたと言われています。

基本情報

基本情報

学名 Cancer(略号Cnc)
中央位置 赤経:8h36m   赤緯+20°
概略範囲 東9h19m,西7h53m,北+33°,南+7°
20時南中 3月26日(高度75°)
面積 505.87平方度(順位31)
肉眼星数 23個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アクベンス 4.3等星

β星:アルタルフ 3.5等星

ι星:重星 4.2~6.6等星

R星:変光星 6.1~11.8等星 362日周期

M44:NGC2632、散開星団・プレセべ星団 3.1等星

M67:NGC2682:散開星団 6.9等星

見どころ M44/プレセべ星団=かにの甲羅に当たる4つの星の真ん中にある散開星団で、70個の星が集まっています。双眼鏡を使うと視野いっぱいに星が見えます。肉眼では青白くボンヤリと見えることから、中国では、鬼火の燐光に例えて「積尸気(せきしき)」といい、イギリスではたくさんの星をミツバチに例えて、ビーハイブ「蜂の巣星団」とも呼ばれています。
「プレセべ星団」について紹介しました。「かに座」には「プレセべ星団」という肉眼で見える星団があります。かにの甲羅の部分に4つの星で囲まれています。そちらに注目してください。 

まとめ

🌟黄道12星座の「かに座」の見つけ方を紹介しました。

春の先駆けを飾る星座の一つです。

合わせて星団にも注目してください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »