冬の星座の見つけ方「ふたご座」

(C)国立天文台

黄道12星座の3番目の星座の「ふたご座」は冬に初め頃にやっと東から

顔を出して、春の足音が聞こえる頃に、南中へやってきて、見頃を迎えます。

ゆっくりと見つけて見ましょうか。



見つけ方

🌟黄道を通る星座の一つです。

黄道でいうと、「おうし座」の次に登り始めます。

そして何より「冬のダイヤモンド」と呼ばれる、1等星で繋いだ六角形の

一点を担っています。

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

冬のダイヤモンドはちょうど真ん中に天の川があるので、

星のよく見えるところでは綺麗なダイヤの輝きが見える事でしょう。

このあたりの情報を念頭に開いておいて下さい。

では探して見ましょう。

🌟一般的に誰でもすぐにわかるのが「オリオン座」です。

そこからの誘導がオススメです。

まず、「ふたご座」の目印とも言える1等星のポルックス(金色)と

2等星のカストル(銀色)を探します。

オリオン座の左上の1等星はベテルギウスです。そこから右上に向かって行くと、

金色と銀色に輝く星があります。

それがポルックス(左)とカストル(右)ですね。

ちなみに、ベテルギウスから、右へ目を向けると、アルデバランがあり、

左下にあるのがシリウス、左隣がプロキオン、カペラは北向きになるので、

大きく天を仰いだあたりでしょうか。

その二つの星がふたごの頭部にあたります。

次に、カストルの方の身体で「おうし座」のアルデバランへ向かって

行く道の途中に、ゲンコツ2分ほどの長さで、緩やかな曲線を描く

4等星と3等星が並んでいます。

ポルックスの方の身体はベテルギウスへ向かって行く道の途中に、

ゲンコツ2つ分ほどの長さで、3等星、2等星が並んでいます。

見つかりましたか?

二つ並んで、いるポルックスとカストルも可愛らしいですが、

それぞれの身体も、似たような並びの星で微笑ましいです。

🌟同じような明るさの星が二つ並んでいる「双子星」というのは、

星空の中には割とたくさんあって、古代バビロニア時代には「双子星」と

名付けられた星はたくさんありました。

その中でも、「ふたご座」の双子星は別格だったようで「大きな双子星」と

呼ばれていました。

基本情報

学名 Gemini(略号Gem)
中央位置 赤経:7h01m   赤緯+22.5°
概略範囲 東8h06m,西5h57m,北+35°,南+10°
20時南中 3月3日(高度77°)
面積 513.76平方度(順位30)
肉眼星数 47個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:カストル、重星、1.9~3.0等星

β星:ポルックス 1.2等星

γ星:アルヘナ 1.9等星

δ星:重星 3.6~8.2等星

38番星:重星 4.8~7.8等星

ζ星:変光星 3.7~4,2等星 10.15082日周期

η星:変光星 3.2~3,9等星 233日周期

M35:NGC2168、散開星団 5.1等星

NGC2158:散開星団 8.6等星

NGC2392:惑星状星雲 9.9等星

ふたご座流星群:12月14日頃ピーク

見どころ α星=1.9等星と3.0等星の二つの星が2.44″の間隔で並んでいる二重星です。口径8cmで分離できます。この二つの星は連星で、約511年周期で巡り合っていて、それぞれが分光連星になっています。

M35=カストルのお足元にある5,1等星の散開星団で、120個の星が集まっています。口径6cmで星団らしい眺めになります。

ふたご座流星群=毎年12月14日頃に極大を迎える流星群です。極大時には1時間あたり、約60個の流星が観測できます。

まとめ

🌟黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。

冬の夜空を彩る星座の一つです。

是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、

見ても楽しいです。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。