2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



南半球の星座「きょしちょう座」

シェアする

🌟南半球の星座は、日本では沖縄で、いくつか見えますが、

それでも全部は見えません。

見つけ方の紹介はちょっと可笑しいので、星座の紹介に留めます。

南半球にはこんな星座があるんだ!と思ってください。

そして南半球へお出かけの際には参考にしてください。



このページの項目はこちらです。

「きょしちょう座」について

🌟沖縄からでも全貌は見えません。

アルマ望遠鏡があるチリの星空で「きょしちょう座」のある位置を確認して

みましょう。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(アルマ望遠鏡から見た12月の星空)

🌟「きょしちょう座」の目印には「小マゼラン雲」という不規則銀河が

なります。

「大マゼラン雲」も近くにありますが、見た目の大きさで区別かつきます。

「小マゼラン雲」の西側にゆがんだ5角~6角形に並んだ星の形があります。

大まかな場所は「ほうおう座」「つる座」の南に位置しています。

1等星から探す時には、「エリダヌス座」のアケルナルがよく目立ちます。

アケルナルから南へ下がったところに4等星のβ星があります。

「きょしちょう座」の4等星のβ星から、「つる座」の3等星のβ星へ目を向けると

途中に「きょしちょう座」の4等星のγ星があります。

「きょしちょう座」の4等星のγ星から「インディアン座」の方へ目を向けると、

3等星のα星があります。

星座図ではこのα星が「きょしちょう」の嘴部分になります。

α星から、ゆがんだ5角~6角形に並んだ星を探して欲しいのですが、5等星のδ星

などは見つけにくいかもしれませんね。

「小マゼラン雲」を左に見ながら、ゆがんだ5角~6角形に並んだ星を完成させて

みましょう。

「ほうおう座」はとても低い位置にあり、全貌はより南へ行かなければ見えない程です。出ている部分の形などを、周りの星から探す方法を紹介しました。一番近い目印は「みなみのうお座」のフォーマルハウトが唯一、秋の1等星なので、それを見つけます。
「つる座」の見つけ方を紹介しました。黄道星座よりもさらに南の低い位置にあることから、大気によって星の光が減光されてしまい、少し残念な星座ですが、「みなみのうお座」の1等星を目印にすれば、探しやすい
南半球の星座「インディアン座」を紹介しました。南半球にある星座ですが、沖縄などの南方では、ギリギリ見えるか見えないかのところにあります。秋の1等星フォーマルハウトが目印となります。「インディアン座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。
「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、蛇行しながらですが長い星座です。地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、頑張って探してみてください。

🌟1603年、ドイツのバイエルが著した星図「ウラノメトリア」に記載されている

ことから設定者としていますが、一説によると、この星座名はオランダの航海家

テオドルスが命名したとも言われています。

余談ですが、この年代を聞くと江戸幕府を思い出しますね。

基本情報

基本情報

学名 Tucana(略号Tut)
中央位置 赤経:23h43m   赤緯-66.5°
概略範囲 東1h22m,西22h05m,北-57°,南-76°
20時南中 11月13日(高度-12°)
面積 294.56平方度(順位48)
肉眼星数 15個(5.5等)
設定者 バイエル(カイザーとホウトマン)
主な天体 β星=重星 4.4~4.5等星

SMC=NGC292  小マゼラン雲 2.6等星

NGC104=球状星団 4.0等星

見どころ β星=4.4等星(A)と4.5等星(B)の二つの星が27.1″隔てて並んでいます。口径5cmで分離できますが、それぞれの星に別の星がくっついています。(A)には2.2″離れて14等星、(B)には0.4″離れたところに4.9等星と5.7等星がくっ付いています。(A)は高度差が大きく、(B)は間隔が狭いので、小望遠鏡では分離できません。

小マゼラン雲=1529年、ポーランド生まれの航海家マゼランによって発見された不規則銀河です。20万光年の距離にあります。見かけの大きさは満月の9倍もあり、肉眼でもはっきり見えます。

NGC104=小マゼラン雲の脇にある見事な球状星団です。肉眼でも恒星のように見えます。口径8cmでは周辺の星が見えるようになります。

まとめ

🌟南半球の星座「きょしちょう座」を紹介しました。

南半球にある星座で、見ることはできませんが、「小マゼラン雲」が近くにある

ので、「きょしちょう座」を見る機会があれば、ぜひ合わせて探してください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。