南半球の星座「みずへび座」

南半球の星座




 

このページは南半球の星座の「みずへび座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「みずへび座」

 

🌟南半球の星座は、日本では沖縄で、いくつか見えますが、

それでも全部は見えません。

 

見つけ方の紹介はちょっと可笑しいので、星座の紹介に留めます。

南半球にはこんな星座があるんだ!と思ってください。

 

そして南半球へお出かけの際には参考にしてください。

 

 

🌟沖縄からでも全貌は見えません。

アルマ望遠鏡があるチリの星空で「みずへび座」のある位置を確認して

みましょう。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(アルマ望遠鏡から見た12月の星空)

 

どこにある?

 

🌟「みずへび座」は大きな三角形をしています。大きな目印はやはり

「マゼラン雲」ですね。

 

すぐ右隣には「小マゼラン雲」があり、少し離れますが、左側に「大マゼラン雲」

があります。

もう一つ目印にするならば、「エリダヌス座」の1等星アケルナルがよく目立って

いい仕事してます。

 

「エリダヌス座」の1等星アケルナルのすぐそばに、3等星のα星があります。

「みずへび座」の星をつなげた形は三角です。順番に一隠すつ探します。

「小マゼラン雲」の少し下に同じく3等星のβ星があります。

 

星座をエリア分けすると、「小マゼラン雲」は隣の「きょしちょう座」の中に

ありますが、α星とβ星を結ぶ線が「小マゼラン雲」をかすめている感じさえ

します。

 

三角の最後の一角はβ星から「大マゼラン雲」へ向かって線を伸ばして行くと、

こちらも3等星のγ星に行き着きます。

 

「大マゼラン雲」「かじき座」「テーブルさん座」にあるので、その分少し

離れていますね。

 

周りには「とけい座」「レクチル座」「はちぶんぎ座」「きょしちょう座」など

があります。

 

冬の星座の見つけ方「エリダヌス座」
「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、蛇行しながらですが長い星座です。地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、頑張って探してみてください。
冬の星座の見つけ方「とけい座」
とけい座」の見つけ方を紹介しました。あまり目立つ星座ではありませんし、見えても星座の半分ほどしか見えません。しかも4等星ばかりの星座で、地平線に近いほど減光してしまうので、さらに見つける難易度が上がります。
南半球の星座「レクチル座」
南半球の星座「レクチル座」を紹介しました。南半球にある星座で、沖縄でも一部が見えるか見えないか、というところです。さらに南へいかないと見れませんが、レクチル座を見る機会があれば探してください。
南半球の星座「はちぶんぎ座」
南半球の星座「はちぶんぎ座」を紹介しました。天の南極がある星座です、その位置だけでも覚えておいくと南半球に旅行に行った際に役に立つ事でしょう。「はちぶんぎ座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。
南半球の星座「きょしちょう座」
南半球の星座「きょしちょう座」を紹介しました。南半球にある星座で、見ることはできませんが、「小マゼラン雲」が近くにあるので、「きょしちょう座」を見る機会があれば、ぜひ合わせて探してください。

 

 

🌟「みずへび座」はヒドラを象っていると、言われています。日本から見える

「うみへび座」もヒドラを象っていると、言われています。

 

実はこれにはカラクリがあります。

というのも、「うみへび座」の方は「Hydra」となっています。これはラテン語の

表記で「a」で終わるのは女性名詞なのです。

 

一方、「みずへび座」は「Hydrus」です、これは男性名詞の「us」で終わって

います。ということは「うみへび座」はメスのヒドラで、「みずへび座」はオスの

ヒドラということになっているのです。

春の星座の見つけ方「うみへび座」
「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。春から夏にかけて空に横たわる星座のです。全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、全容は中々探すのが難しいです。気長に探してみてください。

 

基本情報

基本情報

学名 Hydrus(略号Hyi)
中央位置 赤経:2h16m   赤緯-70°
概略範囲 東4h33m,西00h02m,北-58°,南-82°
20時南中 12月27日(高度-15°)
面積 243.04平方度(順位61)
肉眼星数 14個(5.5等)
設定者 バイエル(カイザーとホウトマン)
主な天体 NGC602=散開星団

NGC1511=渦巻き銀河 12.1等星

見どころ NGC1511=レクチル座との境界近くにある渦巻き銀河です。光度が12.1等級と暗いために、口径15cmではかなり淡く見えます。

 

この他の南半球の星座

 

この他の南半球の星座はこちらからお探しください。

 

南半球の星座たち
南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。

 

南半球以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

まとめ

🌟南半球の星座「みずへび座」を紹介しました。

 

南半球にある星座で、日本からは見えませんが、「みずへび座」を見る機会が

あれば、大小のマゼラン雲に挟まれた、大きな三角形を探してみてください。

 

 

良い観望でありますように。。。。

 

 

南半球の星座たち
南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。
季節の星座の見つけ方
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団をまとめました。現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらますので、ぜひ探して見てください。0.5等1~2等...
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
https://marchof-gabriel.com/page-4710
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました