2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




秋の星座の見つけ方「おひつじ座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは秋の星座の「おひつじ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「おひつじ座」

星座としてはとても小さく可愛らしい「おひつじ座」ですが、

星占いが発達した古代バビロニア時代から、紀元前150年頃に

黄道12宮を設定したヒッパルコス時代には、この星座に春分点があり、

とても重要視されていました。

現在、春分点は隣の「うお座」あります。

そんな「おひつじ座」ですがどこにあるか探してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟まず、大まかな位置は黄道12星座ですので、黄道にあります。

🌟「うお座」「おうし座」に挟まれています。

🌟秋から冬にかけて見頃を迎えます。

秋は全体的に目立つ星がないので、目印を探しますが、

これといってありません。

ですが、かろうじて、「ペガスス座」が南中、ほぼ頭の上に、

四角、宇宙への窓のような四辺形を描いてくれています。

🌟その四辺形の東側の1角は「アンドロメダ座」と重なっています。

そこから南東へゆっくり降りて行くと「うお座」の上部の1匹を通り過ぎて、

小さな2等星の明かりが見つかります。

🌟それが「おひつじ座」のα(アルファ)星ハマルです。

すぐ隣にβ(ベータ)星シャラタンの3等星が輝いて見えます。

さらにその下隣にある4等星のγ星を結ぶと、

「へ」を裏返したような形になります。

🌟それが「おひつじ座」の頭部にあたります。

背中からお尻にかけては一直線でげんこつ2個と半分くらいのところに

4等星があります。

見つかりましたか?

🌟秋はもの寂しい星座が多いですが、

空が澄んでくる時期でもあるので、

気を長く持って探してみてください。

🌟また「おうし座」が東の空から昇ってくる頃ですと、

「おうし座」のアルデバランは1等星ですので、先に目が行くと思います。

こそこから、太陽の通るように目を動かして行くと隣にある星座なので、

次の2等星ハマルが見つかることでしょう。

ここからは同じように。3等星と4等星をそれぞれ探してください。

「うお座」の見つけ方を紹介しました。黄道12星座の最後の星座ですが、目立つ星があまりないので、「く」の字型という形と周りの星座の並びから、導き出すやり方が妥当でしょう。
「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。
秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。

🌟余談ですが、バビロニア時代には、ここに麦の穂を持つ農夫の姿を

見ていたようです。フェニキア時代に現在のようなひつじに

なっていっきました。

おひつじ座の神話

おひつじ座の神話はこちらのページをご覧ください。

黄道では12星座の1番目という華々しい冠を背負っていますが、神話の世界はどんなお話でしょうか。。。黄金の羊として活躍する姿は、華々しいです。

基本情報

基本情報

学名 Aries(略号Ari)
中央位置 赤経:2h35m   赤緯+20.5°
概略範囲 東3h27m,西1h44m,北+31°,南+10°
20時南中 12月25日(高度75°)
面積 441.39平方度(順位39)
肉眼星数 28個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:ハマル 2.0等星

β星:シェラタン 2.6等星

γ星:重星、4.6~4.6等星

λ星:重星、4.9~7.9等星

見どころ γ星=牡羊の角のところに光る二重星です。白色の4,6等星と黄色の4.6等星が7.93″隔てて並んでいます。口径5cmで分離できます。

この他の秋の星座

この他の秋の星座はこちらからお探しください。

秋の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
秋の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

秋以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟金の毛を持つひつじを象った星座の「おひつじ座」の

見つけ方を紹介しました。

🌟秋の星座は光の少ない星座が多いので探すのが大変ですが、

「おひつじ座」は黄道12星座の始まりの星座です。

そしてその起点になったのは出来た当初は春分点が

「おひつじ座」にあったからでした。

そんな大事な星座ですから是非とも、探して覚えて欲しいです。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »