2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




冬の星座の見つけ方「とも座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは冬の星座の「とも座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「とも座」

🌟「とも座」の「とも」とは船尾のことを表す言葉です。

それもそのはず元はアルゴ船という船の星座を分けて作られました。

そんな「とも座」を探してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟南の低い位置にあります。

それでも「アルゴ船」からすれば一番北の部分にあたります。

目印になるのは「冬に大三角形」の南の一角「おおいぬ座」のシリウスを

見つけましょう。

冬の空は1 等星がたくさんあるので、一つづつ星座を確認しながら探すのも

いいでしょう。

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

冬の大三角はというと

「冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと

「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを

結んだかたちです。

夏の大三角形と入れ替わるように冬の夜空を彩ります。

参考までに。。。

🌟ひとしきり冬の1等星を満喫しましたら、一番南にあたるシリウスに

目を向けましょう。

「おおいぬ座」のシリウスから南東に下がったところに

「おおいぬ座」の尻尾にあたる2等星のウェズンとアルドラの二つがあります。

そのすぐ左側(東)に「とも座」の3等星が2つほど見つかります。

そこを先端として、真下へ向かうと2等星のナオスがあります。

もう一方を西へ緩やかに下がる線を3等星で結んでいびつな台形を

2つ繋げたような形に繋いでゆきます。

低い位置にあるので、全貌を見るのは低い星でも見える場所を探さないと

いけないかもしれませんね。

大まかな星の配置なので、形がとらえにくいかもしれません。

頑張って見つけて下さい。

「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、そこから犬の姿をたどって見つけてください。また、「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる形です。「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。

「とも座」にある天体

「とも座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

とも座にある「M46-NGC2437」について紹介しました。発見された当初は光害も少ないので、肉眼で綺麗に見えたのだろうと思うと、羨ましいですね。
とも座にある「M47-NGC2422」について紹介しました。とても美しい散開星団です。発見当初の記録ミスによる問題がなければ広く、その美しさだけを称賛されたことでしょう。

🌟かつては「とも座」と「りゅうこつ座」「らしんばん座」「ほ座」

4つの星座を合わせて「アルゴ船座」と呼んでいました。

しかし、大き過ぎるという理由で、設定者のラカイユが4つに分割しました。

アルゴ船の神話

アルゴ船にまつわる神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

「とも座」、「ほ座」「らしんばん座」「りゅうこつ座」はかつて「アルゴ船座」という星座でした。そのアルゴ船にまつわる神話があるので紹介します。

基本情報

基本情報

学名 Puppis(略号Pup)
中央位置 赤経:7h14m   赤緯-31°
概略範囲 東8h26m,西6h02m,北-11°,南-51°
20時南中 3月13日(高度24°)
面積 673.43平方度(順位20)
肉眼星数 93個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体 α星:重星 3.3~8.5等星

M46:NGC2437、散開星団 6.1等星

M47 : NGC2422:散開星団 4.4等星

M93:NGC2447:散開星団 6.2等星

見どころ M46とM47=北部にある散開星団で、二つが僅か1.5″の間隔で並んでいます。それぞれ300個と78個の星が集まっており、双眼鏡を向けるとM46は星雲状になり、M47は星が見えるようになります。M46にはNGC2438という惑星状星雲が重なっています。

この他の冬の星座

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟「とも座」の見つけ方を紹介しました。

低い位置にある星座で、開けた場所での観望してみて下さい。

特に特徴的な星があるわけではないので、

場所をしっかり把握してから探したほうがいいかもしれません。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »