2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「りゅう座」

シェアする

このページは夏の星座の神話「りゅう座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

🌟「りゅう座」は北側の空に一年を通してほぼ見ることのできる星座です。

頭部が「こと座」のベガから北側にあり、

「北斗七星」に沿うように尻尾が伸びています。

探し方は「りゅう座の見つけ方」をごらんください。

「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星があるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿を見つけることができます。

さて、「りゅう座」の神話を紹介します。

りゅう座の神話

ヘラクレスは、ティリュンスの王エウリステウスの命令で

12の大冒険を行いました。

その時の11番目の冒険は黄金のリンゴを持って帰ることでした。

このリンゴは、大地の女神ガイアが、結婚のお祝いとして、

女神ヘラに贈ったものでした。

女神ヘラは大変気に入り、秘境ヘスペリデスの園に植え、木の世話を

巨人アトラスの娘たちに命じ、リンゴの番人を百の頭を持った竜、

ラドンに命じました。

ヘラクレスは、リンゴを持って帰ることを命じられましたが、

このリンゴがどこのあるか知りません。

探しあぐねていると、森のニンフたちに出会います。

その時に

「プロメテウスならきっと場所を知っている。」と

親切なニンフたちはプロメテウスの居場所を教えてくれました。

プロメテウスは世界の東の果てにある、コーカサス山に

鎖で繋がれていました。

1羽の鷲が毎日やってきて、プロメテウスの肝臓をつつきますが、

プロメテウスは不死身でした、次の日には元通りの体に戻っていたのです。

毎日毎日、終わることのない苦しみに耐え続けていたので。

なぜ、こうなってしまたのか。。。

プロメテウスが未開の人類に火と知恵を与えた罪による、

大神ゼウスの罰でした。

ヘラクレスは気の毒に思い、やってきた鷲を殺し、

プロメテウスの鎖を解いてやりました。

プロメテウスは喜んでリンゴのありかを教えてくれました。

ですが、人間では行くことができない場所ですが、

手に入れる方法も教えてくれました。

プロメテウスの兄、アトラスの娘がリンゴの木の世話をしているので

アトラスに頼むよう言いました。

ヘラクレスは教えてられた通りにアトラスの元へ行き、

リンゴのことを頼みました。

しかし、リンゴの木にはラドンという竜が番をしていて

それに恐れをなして、アトラスは行くのを渋ります。

ヘラクレスは弓に矢をつがえると、

リンゴに木に張り付いたラドンに向かって放ちました。

矢は見事に命中して、ラドンは死んでしまいました。

それもそのはず、ヘラクレスの矢には、猛毒ヒドラの血が

矢に塗られていたのです。

その後アトラスがリンゴを取ってきて、ヘラクレス11番目の

冒険をやり遂げるのですが、

この時にリンゴを守っていた竜のラドンが、「りゅう座」

だと言われています。

ヘラクレスに殺されはしましたが、長年リンゴを守っていた

功績を女神ヘラに認められ、天の星座となったのでした。

「りゅう座」の見つけ方

「りゅう座」夏の星座です。

夜空に輝く「りゅう座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星があるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿を見つけることができます。

この他の夏の星座の神話

この他の夏の星座神話はこちらからお探しください。

    夏の星座の神話を紹介します。 いて座     いるか座 &nb…

夏以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

🌟「りゅう座」の神話について紹介しました。

星座になった悪者系は割とあります、黄道星座などのしし座や、かに座も

それに当たる神話が残されています。

いい者だけが星座じゃないところが面白いですね。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »