冬の星座の見つけ方「ちょうこくぐ座」

冬の星座




(C)国立天文台

 

このページは冬の星座の「ちょうこくぐ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「ちょうこくぐ座」

 

🌟冬の星座の「ちょうこくぐ座」をご存知ですか?

南の低い位置にあって、しかも目立つ星がないので、とても見つけにくい星座の

一つでもあります。

 

頑張って探してみましょう。

 

(C)アストロアーツ/星空年間

 

見つけ方

🌟場所は「うさぎ座」の南下で、「はと座」の西側にあります。

と言っても、周りの星座も4等星以下が多いので、星のよく見える場所では、

逆に見えすぎてわからないこともあります。

 

目印にするのは「オリオン座」の南下の1等星リゲルから探してみましょう。

 

リゲルの下にある「うさぎ座」を確認してください。

 

この「うさぎ座」も小さい星の集まりですので、見つけにくいのですが、

その中でも、前足の3等星はかろうじて見えると思います。

 

リゲルとうさぎざの3等星と同じ分だけ南へ下がったところに、

「ちょうこくぐ座」のγ星があります。

そこから西へすぐのところにβ星があるのですが、どちらも5等星ですので、

小さな光です。

 

その二つから、さらに南に下がった所にある4等星がα星、さらにもう一つ南に

ある5等星で、彫刻の道具、「鑿(のみ)」と「鏨(たがね)」を表しているように並んで

います。

 

「ちょうこくぐ座」の西側には「エリダヌス座」の川の蛇行のが近くを

通っていて、その対岸には「ろ座」があります。

 

どちらも小さな星を辿らないといけないので、探すのは難しいでしょう。

 

 

冬の星座の見つけ方「うさぎ座」
冬の星座の「うさぎ座」の紹介をしました。オリオン座の足元にちんまりいる姿は可愛らしいですね。小さい星の集まりですが、場所がわかっている星座なので、星のよく見える場所で探してみてください。
冬の星座の見つけ方「ろ座」
「ろ座」の見つけ方を紹介しました。「エリダヌス座」の蛇行を避ける様に出来た岸の部分にひっそりとあります。あまり目立つ星座ではありませんし、南下にあって、観測しにくいですが、確かにある星座ですので、観測好機にはぜひ観望してください。
冬の星座の見つけ方「エリダヌス座」
「エリダヌス座」の見つけ方を紹介しました。神話の川のがモチーフになっているので、全体像はとても大きく、蛇行しながらですが長い星座です。地平線から下にα星があるなど、高度の低い星座で、見えている部分は目立つ星がないので、探すのが難しいですが、頑張って探してみてください。

 

 

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

 

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

 

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

 

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

 

もう少し詳しい冬のダイヤモンドはこちらのページをご覧ください。

季節の星座の見つけ方「冬のダイヤモンド」
冬のダイヤモンドの紹介をしました。意外に冬の夜空を大きく捉えないと、全体像が見えにくい形です。一度挑戦して見てください。普段1つ〜3つほどの、1等星しか探せない時でも、6つ繋がって探せる時期は、冬の間の特別です。

 

 

冬の大三角はというと

 

「冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと

「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを

結んだかたちです。

 

夏の大三角形と入れ替わるように冬の夜空を彩ります。

 

もう少し詳しい冬の大三角形はこちらのページをご覧ください。

季節の星座の見つけ方「冬の大三角」
冬の大三角形の見つけ方を紹介しました。「冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを結んだかたちです。

 

 

 

🌟18世紀に作られた新しい星座です。

 

設定者のラカイユは、『南天恒星目録』にLes Burins(鏨)タガネ、

として発表した。鏨は金工用の鋼製の鑿(ノミ)のことです。

 

ラテン名ではCaela Sculptors(彫刻用の鏨)と呼びましたが、

現在では、Calm(鑿または鏨=彫刻具)だけになりました。

 

基本情報

基本情報

学名 Caelum(略号Cae)
中央位置 赤経:4h40m   赤緯-38°
概略範囲 東5h03m,西4h18m,北-27°,南-49°
20時南中 1月29日(高度17°)
面積 124.86平方度(順位81)
肉眼星数 4個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体  

γ星:重星 4.7~8.5等星

 

見どころ γ星=4.7等星と8.5等星の二つの星が2.91″の感覚で、並んだ二重星です。やや光度差があるために分離するには口径8cmが欲しいところです。

 

 

 

この他の冬の星座

 

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

 

冬の星座たち
冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

 

まとめ

🌟「ちょうこくぐ座」の見つけ方を紹介しました。

 

冬の星座は1等星が多く賑やかな雰囲気ですが、目立たない星座も多くあって、

探すのが難しいものもあります。

 

このちょうこくぐ座もその一つで、頑張って探して欲しいです。

 

 

良い観望でありますように。。。。

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました