2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「6月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2018年6月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

月と土星が接近

🌟6月1日の夜明け前の南西の空に、月に寄り添う土星がみられます。

月は満月を過ぎたばかりで、明る過ぎます。

また、今年は土星の傾きが広く開いてるように見えます。望遠鏡で見る機会のある

時は、是非、見てください。

🌟6月28日の日没後の東の空に月が土星を伴って昇り始めます。

月初めにあった月と土星の接近とは、時間帯が違って、この時間から昇ってくる

姿が長く観察できます。

はやぶさ2リュウグウへ

🌟6月27日頃に小惑星探査機「はやぶさ2」がリュウグウに到着予定です。

無事に到着する事を祈っています。到着してからのミッションもあるので、

プロジェクトが成功したら良いですね。

3年前に、地球と火星の間にある小惑星を目指して打ち上げられたはやぶさ2はリュウグウを目指しています。宇宙航空研究開発機構「JAXA」が、目的地にあと1年で到達すると発表したのです。それを機に簡単にどんなミッションかを紹介しました。

月と火星の接近

🌟6月4日の深夜頃に南東の空から月が、昇ってきます。月と一緒に火星も

見られます。月は新月に向かって行く途中の月齢19です。中々夜更かしを勧める

のも気が引けますが、天気が良さそうなら見て下さい。

南の空には他の惑星(土星、木星)とさそり座のアンタレスも見るのをお忘れなく。

月と金星の接近

(C)国立天文台

🌟この時の金星は-4等の光度で輝きます。夕暮れの時間が長くなってきた時期に

とても美しい夕闇の空を演出してくれます。

そこへ細い月が物語の中のシーンのような姿で、とても神秘的です。

その神秘的な月の訳は、月の影もうっすらと光るように見えてきます、これは

地球からの反射光が月の影の部分を照らしているために、起こる現象です。

「地球照」と呼んでいます。

🌟6月16日の日没後の西の空では、細い月と金星が国旗のような印象で、

見られます。

金星とプレセべ星団の接近

🌟6月20日の日没後の西の空で、金星を探して見ましょう。

この時金星は「かに座」にあります。そして甲羅の近くを通っています。ここに

「プレセべ星団」という星団があります。

🌟「プレセべ星団」といのは「かに座」の甲羅の部分にある、ぼんやりした光を

見たことがありますか?それが実は星の集まり、星団なのです。

🌟「プレセべ星団」は3等星ほどの明るさですが、低い位置では更にぼんやりと

しか見えないかもしれません。陽が沈みきってからの方が、見えるかもしれません

「プレセべ星団」について紹介しました。「かに座」には「プレセべ星団」という肉眼で見える星団があります。かにの甲羅の部分に4つの星で囲まれています。そちらに注目してください。 
黄道12星座の「かに座」の見つけ方を紹介しました。寒さが緩みだした頃に、ゆっくりと顔を出す「かに座」は、黄道12星座の4番目の星座です。また肉眼でも見えるので「プレセべ星団」にも注目してください。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…

小惑星ベスタがいて座で衝

🌟6月20日に「小惑星べスタ」がいて座で衝となります。5.3等星の明るさで、

好条件の時は肉眼でもかろうじて見られます。ただ「いて座」のある場所は

天の川銀河の中心を向いているので、小さな星がたくさん集まってもいます。

判別するのが難しいでしょう。

🌟「小惑星べスタ」とは、1807年にドイツのハインリヒ・オルバースによって

発見された、太陽系の小惑星帯で3番目に大きな小惑星です。

この小惑星べスタは、将来的に準惑星に分類される可能性があります。

「いて座」の見つけ方を紹介しました。「いて座」は「さそり座」と、共に黄道の9番目の星座として古くから存在する星座の一つで、アッシリアの彫刻では、サソリの胴体を持った人間が弓矢を引き絞っている姿で描かれています。

土星がいて座で衝

(C)国立天文台

🌟土星との接近もそうですが、その後の月の動きにも注目しましょう。

木星との出会いも待っています。

🌟6月27日には土星がいて座で衝となり、土星の観察好機がやってきます。

土星の美しい姿見せてくれます、夏の間のに開催される観察会などで、注目天体

として取り上げられる機会も増えることでしょう。それらに参加して、是非土星

の環を見てみましょう。

(C)国立天文台

(C)なよろきたすばる天文台

グランドフィナーレを迎えるカッシーニについて少しまとめてみました。功績は数知れず、まだ研究途中のものもたくさんあって、これから長い時間をかけてカッシーニの栄光は語り継がれることでしょう。最後まで、そのミッションを見届けてほしいです。

まとめ

🌟2018年6月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

6月も惑星が色々と楽しめますね、特に土星が注目ですね。

ぜひ観察してください。

良い観望でありますように。。。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »