2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「全天88星座を大きい方から並べました。67位~88位」

シェアする

(C)アストロアーツ/星空年間

星座は季節ごとに振り分けられることが多いのですが、このページでは、

全天88星座を大きい方から並べました。

まずは、67位~88位です。

この他の順位はこちらから

星座は季節ごとに振り分けられることが多いのですが、このページでは、全天88星座を大きい方から並べたページをまとめています。
全天88星座を大きい方から並べました。順番に並べると、大きさがよくわかって自分でも整理ができてよかったです。参考になれば幸いです。
全天88星座を大きい方から並べました。順番に並べると、大きさがよくわかって自分でも整理ができてよかったです。参考になれば幸いです。
全天88星座を大きい方から並べました。順番に並べると、大きさがよくわかって自分でも整理ができてよかったです。参考になれば幸いです。

67位~77位

67位=ふうちょう座 Apus(略号Aps)

「ふうちょう座」

206.32平方度(順位67)

概略範囲:

東18h17m,西13h45m,北-67°,南+21°

南半球の星座「ふうちょう座」を紹介しました。南半球にある星座で、日本から見えませんし、目立つ星がないので、探すのも大変かもしれません、ですが機会があれば、ぜひ探してください。

68位=とかげ座 Lacerta(略号Lac)

「とかげ座」

200.69平方度(順位68)

概略範囲:

東22h56m,西21h55m,北+57°,南+35°

「とかげ座」は 17世紀に作られた新しい星座です。周りにある分かりやす星座をまず見つけましう。「はくちょう座」と「ペガスス座」、「カシオペヤ座」「ケフェウス座」などに挟まれる小さく目立たない星座です。

69位=いるか座 Defphinus(略号Def)

「いるか座」

188.54平方度(順位69)

概略範囲:

東21h06m,西20h13m,北+21°,南+2°

「いるか座」の見つけ方を紹介しました。小さい星座ですが、近くに目立つ「わし座」などがあり、比較的、見つけやすいでしょう。

70位=からす座 Corvus(略号Cry)

「からす座」

183.80平方度(順位70)

概略範囲:

東12h54m,11h54m,北-13°,南-25°

「からす座」をご存知でしょうか?小さな星座で、明るさも3等級ほどの4つの星が台形が、少しゆがんだような形に並んでいます。さて、「からす座」を探してみましょう。

71位=こいぬ座 Canis Major(略号Cmi)

「こいぬ座」

183.37平方度(順位71)

概略範囲:

東8h09m,西7h04m,北+13°,南+00°

「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。

72位=かじき座 Dorado(略号Dor)

「かじき座」

179.17平方度(順位72)

概略範囲:

東6h36m,西3h52m,北-49°,南-70°

南半球の星座「かじき座」を紹介しました。南半球にある星座で、本州ではカジキの尻尾が見えるか見えないか、というところです。南へいかないと見れませんが、かじき座を見る機会があれば探してください。

73位=かんむり座 CoronaBorealls(略号CrB)

「かんむり座」

178.71平方度(順位73)

概略範囲:

東16h22m,西15h14m,北+40°,南+26°

「かんむり座」の見つけ方を紹介しました。目印になる「うしかい座」の1等星アルクトゥールスを見つけて、東上方向へ目向ければ、形も可愛らしいので、探せる事でしょう。

74位=じょうぎ座 Norma(略号Nor)

「じょうぎ座」

165.29平方度(順位74)

概略範囲:

東16h31m,西15h25m,北-42°,南-60°

南半球の星座「じょうぎ座」を紹介しました。南半球にある星座で、「さそり座」の尻尾の右側にある小さな星座です。「じょうぎ座」を見る機会があれば、ぜひ「コンパス座」や「みなみのさんかく座」などと合わせて探してみてください。

75位=テーブルさん座 Mensa(略号Men)

「テーブルさん座」

153.48平方度(順位75)

概略範囲:

東7h37m,西3h20m,北-70°,南-85°

南半球の星座「テーブルさん座」を紹介しました。南半球にある星座で、残念ながら日本からは見えません。南へいかないと見れませんが、テーブルさん座を見る機会があれば探してください。その際は「大マゼラン雲」が目印になります。

76位=とびうお座 Voians(略号Voi)

「とびうお座」

141.35平方度(順位76)

概略範囲:

東9h02m,西6h35m,北-64°,南-57°

南半球の星座「とびうお座」を紹介しました。南半球にある星座で、沖縄でも見えません。大マゼラン雲が目印になります。さらに南へいかないと見れませんが、とびうお座を見る機会があれば探してください。

77位=はえ座 Musca(略号Mus)

「はえ座」

138.36平方度(順位77)

概略範囲:

東13h46m,西11h17m,北-64°,南-75°

南半球の星座「はえ座」を紹介しました。南半球にある星座で、なぜハエにしたのか謎が残りますが、小さい虫をしたかったようです。「はえ座」を見る機会があれば、探してください。蜂賛成派なりましょう。

78位~88位

78位=さんかく座 Triangulum(略号Tri)

「さんかく座」

131.85平方度(順位78)

概略範囲:

東2h48m,西1h29m,北+37°,南+25°

秋の星座は小さいものや、目立たない星座が多いです。その中で、小さいながらも目立って人々に愛された小さい三角「さんかく座」の見つけ方を紹介しました。目立つといっても、周りの星座と一緒に、導き出しながら探すので、参考にして、探してもらいたいです。

79位=カメレオン座 Chamaeleon(略号Cha)

「カメレオン座」

131.59平方度(順位79)

概略範囲:

東13h48m,西7h32m,北-75°,南-83°

南半球の星座「カメレオン座」を紹介しました。南半球にある星座で、残念ながら日本からは見えません。南へ行かないと見れませんが、カメレオン座を見る機会があれば、探してください。その際は「大マゼラン雲」と「みなみじゅうじ座」が目印になります。

80位=みなみのかんむり座 Corona Australis(略号CrA)

「みなみのかんむり座」

127.69平方度(順位80)

概略範囲:

東19h15m,西17h55m,北=37°,南-46°

「みなみのかんむり座」の見つけ方を紹介しました。とても可愛らしい星座です、位置も「いて座」の南斗六星のすぐ下にあるので、一度見つかると、それからはすぐ見つけられるようになります。またかんむり座と合わせて見つけるのも楽しでしょう。

81位=ちょうこくぐ座 Caelum(略号Cae)

「ちょうこくぐ座」

124.86平方度(順位81)

概略範囲:

東19h15m,西17h55m,北=37°,南-46°

「ちょうこくぐ座」の見つけ方を紹介しました。冬の星座は1等星が多く賑やかな雰囲気ですが、目立たない星座も多くあって、探すのが難しいものもあります。このちょうこくぐ座もその一つで、頑張って探して欲しいです。

82位=レクチル座 Reticulum(略号Ret)

「レクチル座」

113.94平方度(順位82)

概略範囲:

東4h35m,西3h14m,北-53°,南-67°

南半球の星座「レクチル座」を紹介しました。南半球にある星座で、沖縄でも一部が見えるか見えないか、というところです。さらに南へいかないと見れませんが、レクチル座を見る機会があれば探してください。

83位=みなみのさんかく座 Troangulum Australe(略号TrA)

「みなみのさんかく座」

109.98平方度(順位83)

概略範囲:

東17h09m,西14h50m,北-60°,南-70°°

南半球の星座「みなみのさんかく座」を紹介しました。南半球にある星座で、「ケンタウルス座」の足元の「コンパス座」の直ぐ下にある三角形です、わかりやすい形なので、見つかりやすでしょう。「みなみのさんかく座」を見る機会があれば、ぜひ「コンパス座」や「じょうぎ座」などと合わせて探してみてください。

84位=たて座 Scutum(略号Sct)

「たて座」

109.11平方度(順位84)

概略範囲:

東18h56m,西18h18m,北-4°,南-16°

「たて座」の見つけ方を紹介しました。近世に作られた星座で、とても暗い星ばかりで、できているので、周りのわし座、へび座、いて座、などの星座と合わせて見つけ方を、覚えて欲しい星座の一つです。

85位=コンパス座 Circinus(略号Cir)

「コンパス座」

93.35平方度(順位85)

概略範囲:

東15h26m,西13h35m,北-54°,南-70°

南半球の星座「コンパス座」を紹介しました。南半球にある星座で、「ケンタウルス座」と「おおかみ座」の直ぐ下にある星座です。直ぐ下でも、南の方へいかないと見えないのが残念ですね。「コンパス座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。

86位=や座 Sagitta(略号Sge)

「や座」

79.93平方度(順位86)

概略範囲:

東20h18m,西18h56m,北+21°,南+16°

や座」の見つけ方を紹介しました。小さな星座ですが、特徴のある形で、見つけると良いことありそうです。周りの星座とも合わせて覚えて欲しい星座の一つです。

87位=こうま座 Equuleus(略号Equ)

「こうま座」

71.64平方度(順位87)

概略範囲:

東21h23m,西20h54m,北+13°,南+2°

「ペガスス座」ペガススの鼻先にある星座で、4つの星が馬の顔を描いています。明るさも4等星ほどですので見つかりにくいですが、頑張って探しましょう。「こうま座」は「ペガスス座」より先にるので、ラテン語で「エクウス・プリオル」初めの子馬と呼ばれています。

88位=みなみじゅうじ座 Crux(略号Cru)

「みなみじゅうじ座」

68.45平方度(順位88)

概略範囲:

東12h55m,西11h53m,北-55°,南-65°

南半球の星座「みなみじゅうじ座」を紹介しました。南半球にある星座で、見たことがなくても、名前は聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。みなみじゅうじ座を見る機会があれば、ぜひ探してください。

🌟このページの星座図は全て「アストロアーツ/星空年間」のものです。

まとめ

全天88星座を大きい方から並べました。67位~88位

順番に並べると、大きさがよくわかって自分でも整理ができてよかったです。

参考になれば幸いです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »