冬の星座の見つけ方「ぎょしゃ座」

(C)国立天文台

🌟「ぎゃしゃ座」は冬の星座ですが、秋の深まりを感じる頃に、

北東の地平線上に姿を現し始めます。

ゆっくりと秋〜冬〜春と向きを変えながら5月下旬頃、北西の地平線へ

沈んでゆきます。

こんな「ぎょしゃ座」ちょっと、興味深くなって来ましたか?

探してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟「ぎょしゃ座」の南側は賑やかな星座たちが、

存在感を主張しています。

というのも、「ぎゃしゃ座」の1等星のカペラは、

冬のダイヤモンドと呼ばれる、この辺りの、1等星できた形がありますが、

その1角を担っています。

🌟「ぎょしゃ座」は天の川の流れの中にあります。

姿を現した頃には、北東の空の低い位置に1等星のカペラが黄色っぽい

色をしている星を見つけましょう。

カシオペア座の「W」から、北東方面に下がったところにある、

1等星がカペラです。

また、冬の寒さが身にしみる頃には天中で光る1等星がカペラです。

この時期には「冬のダイヤモンド」が完成形で見える頃です。

春になってから、北斗七星が頭上来ていますが、そこから北西方面に

目を向けたら低い位置にある1等星がカペラです。

目印は1等星の「カペラ」になるのですが、

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

カペラの位置は確認できましたか?

冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。
おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。

カペラが見つかれば、「ぎょしゃ座」の形は5角形で、

カペラ以外は2等星級の星たちです。

東へゲンコツ1つ分のところ、そこから、オリオン座のベテルギウスに、

向かってゲンコツ1つ分、そして「おうし座」の北の角の星でもあります。

カペラとアルデバランと、結んだ線の中ほどにある、星を結ぶと、

「ぎょしゃ座」の5角形が完成します。

さて、カペラから「く」の鏡像にした形で小さく、3等星がくっついている

のがわかりますか?

星座図をご覧になった方はお分かりかと思いますが、

子羊を抱いています。それが、カペラからの小さく、

くっついている星です。

一度見つけてしまえば、カペラと合わせて、

すぐ目につくようになる星座です。

基本情報

学名 Auriga(略号Our)
中央位置 赤経:6h01m   赤緯+42°
概略範囲 東7h27m,西4h35m,北+56°,南+28°
20時南中 2月15日(高度83°)
面積 657.44平方度(順位21)
肉眼星数 47個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:カペラ 0.1等星

β星:メンカリナン 1.9等星

ω星:重星 5.0~8.2等星

M36:NGC1960、散開星団 6.0等星

M37:NGC2099、散開星団 5.6等星

M38:NGC1912:散開星団 6.4等星

IC405:散光星雲 10.0等星

見どころ M36/M37/M38=三つの散開星団がほぼ一列に並んでいます。このうち、5角形の中にあるのがM36とM38で、M36は6.0等星で60個、M38は6.4等星で150個の星が集まっています。また、M37は5.6等星で100個の星が集まっています。いずれも、双眼鏡で星雲状に見え、口径6~10cmの望遠鏡になると、星が見えて、星団らしくなります。

まとめ

🌟「ぎょしゃ座」の見つけ方を紹介しました。

「ぎょしゃ座」にはカペラという1等星があり、目印にもなるのですが、

「ぎょしゃ座」の周りには1等星が多くあるので、

それらを含めた探し方をお勧めします。

良い観望でありますように。。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。