冬の星座の見つけ方「ぎょしゃ座」

冬の星座




(C)国立天文台

 

このページは冬の星座の「ぎょしゃ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「ぎょしゃ座」

 

🌟「ぎゃしゃ座」は冬の星座ですが、秋の深まりを感じる頃に、

北東の地平線上に姿を現し始めます。

 

ゆっくりと秋〜冬〜春と向きを変えながら5月下旬頃、北西の地平線へ

沈んでゆきます。

 

こんな「ぎょしゃ座」ちょっと、興味深くなって来ましたか?

 

探してみましょう。

 

 

(C)アストロアーツ/星空年間

 

見つけ方

🌟「ぎょしゃ座」の南側は賑やかな星座たちが、

存在感を主張しています。

 

というのも、「ぎゃしゃ座」の1等星のカペラは、

冬のダイヤモンドと呼ばれる、この辺りの、1等星できた形がありますが、

その1角を担っています。

 

🌟「ぎょしゃ座」は天の川の流れの中にあります。

姿を現した頃には、北東の空の低い位置に1等星のカペラが黄色っぽい

色をしている星を見つけましょう。

 

カシオペア座の「W」から、北東方面に下がったところにある、

1等星がカペラです。

 

また、冬の寒さが身にしみる頃には天中で光る1等星がカペラです。

この時期には「冬のダイヤモンド」が完成形で見える頃です。

 

春になってから、北斗七星が頭上来ていますが、そこから北西方面に

目を向けたら低い位置にある1等星がカペラです。

 

目印は1等星の「カペラ」になるのですが、

 

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

 

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

 

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

 

もう少し詳しい冬のダイヤモンドはこちらのページをご覧ください。

季節の星座の見つけ方「冬のダイヤモンド」
冬のダイヤモンドの紹介をしました。意外に冬の夜空を大きく捉えないと、全体像が見えにくい形です。一度挑戦して見てください。普段1つ〜3つほどの、1等星しか探せない時でも、6つ繋がって探せる時期は、冬の間の特別です。

 

カペラの位置は確認できましたか?

 

 

冬の星座の見つけ方「ぎょしゃ座」
「ぎゃしゃ座」は冬の星座ですが、秋の深まりを感じる頃に、北東の地平線上に姿を現し始めます。ゆっくりと秋〜冬〜春と向きを変えながら5月下旬頃、北西の地平線に沈んでゆきます。探してみましょう。
冬の星座の見つけ方「ふたご座」
黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。冬の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、見ても楽しいです。そして「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、合わせて見つけ方も紹介します。
冬の星座の見つけ方「おうし座」
おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。
冬の星座の見つけ方「オリオン座」
冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。
冬の星座の見つけ方「こいぬ座」
「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。
季節の星座の見つけ方
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
https://marchof-gabriel.com/page-4219

 

 

カペラが見つかれば、「ぎょしゃ座」の形は5角形で、

カペラ以外は2等星級の星たちです。

東へゲンコツ1つ分のところ、そこから、オリオン座のベテルギウスに、

向かってゲンコツ1つ分、そして「おうし座」の北の角の星でもあります。

 

カペラとアルデバランと、結んだ線の中ほどにある、星を結ぶと、

「ぎょしゃ座」の5角形が完成します。

 

さて、カペラから「く」の鏡像にした形で小さく、3等星がくっついている

のがわかりますか?

 

星座図をご覧になった方はお分かりかと思いますが、

子羊を抱いています。それが、カペラからの小さく、

くっついている星です。

 

一度見つけてしまえば、カペラと合わせて、

すぐ目につくようになる星座です。

 

 

「ぎょしゃ座」にある天体

 

「ぎょしゃ座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M36-NGC1960」
ぎゃしゃ座にある「M36-NGC1960」について紹介しました。「M36」、「M37」、「M38」はとても近い場所にあります。合わせて見つけると3倍嬉しい感じになります。星のよく見える場所へお出かけの際には、ぜひとも探して見てください。
冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M37-NGC2099」
ぎゃしゃ座にある「M37-NGC2099」について紹介しました。星のよく見える場所でなら、頑張ればぼんやり見えるでしょう。「M36」と「M38」も近い場所にあるので、一緒に探して見てください。
冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M38-NGC1912」
ぎゃしゃ座にある「M38-NGC1912」について紹介しました。天の川の端の方ですが、やはり天の川というのでしょうか、近い場所に星団や星雲がたくさんあります。メシエ天体も3つあるので、一緒に探してみましょう。

 

 

ぎょしゃ座の神話

 

ぎょしゃ座の神話をまとめたページは、こちらをご覧ください。

星座の神話「ぎょしゃ座」
「ぎょしゃ座」の神話を簡単に紹介しました。謂れを知らなければ、足の不自由な王であったことが、わからないので、神話からも星座の成り立ちが知れるのが、面白いところです。観望会などで、参考になれば幸いです。

 

 

基本情報

学名 Auriga(略号Our)
中央位置 赤経:6h01m   赤緯+42°
概略範囲 東7h27m,西4h35m,北+56°,南+28°
20時南中 2月15日(高度83°)
面積 657.44平方度(順位21)
肉眼星数 47個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:カペラ 0.1等星

β星:メンカリナン 1.9等星

ω星:重星 5.0~8.2等星

M36:NGC1960、散開星団 6.0等星

M37:NGC2099、散開星団 5.6等星

M38:NGC1912:散開星団 6.4等星

IC405:散光星雲 10.0等星

見どころ M36/M37/M38=三つの散開星団がほぼ一列に並んでいます。このうち、5角形の中にあるのがM36とM38で、M36は6.0等星で60個、M38は6.4等星で150個の星が集まっています。また、M37は5.6等星で100個の星が集まっています。いずれも、双眼鏡で星雲状に見え、口径6~10cmの望遠鏡になると、星が見えて、星団らしくなります。

 

 

 

 

 

この他の冬の星座

 

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

 

冬の星座たち
冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

 

まとめ

🌟「ぎょしゃ座」の見つけ方を紹介しました。

 

「ぎょしゃ座」にはカペラという1等星があり、目印にもなるのですが、

「ぎょしゃ座」の周りには1等星が多くあるので、

それらを含めた探し方をお勧めします。

 

良い観望でありますように。。。。。

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました