2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星雲・星団を見てみよう「クリスマスツリー星団」

シェアする

(C)NASA

🌟クリスマスの時期ではなくても、冬の星座が見え出す頃から、

探しどきの「クリスマスツリー星団」を紹介します。

クリスマスデートのロマンティックソースに覚えておくのは

いかがですか?

見つけ方

🌟冬に大三角形の中にある星座をご存知ですか?

「いっかくじゅう座」が目立ちませんがあります。

まずは「いっかくじゅう座」を確認しましょう。

こちらを参考にしてみてください。

「いっかくじゅう座」の見つけ方を紹介しました。場所は目印になる星があるのでわかるのですが、小さい星の集まりなので、星の形を見つけるのがちょっと困難な星座の一つです。ですが場所を頼りに探して見て下さい。

🌟冬の大三角形から探す方が見つかりやすいかも知れませんね。

「オリオン座」のベテルギウスと、「おおいぬ座」のシリウス」「こいぬ座」の

プロキオンをつなぐと冬の大三角形が出来上がります。

冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。
「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、そこから犬の姿をたどって見つけてください。また、「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる形です。「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。
「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。

🌟クリスマスツリー星団は「いっかくじゅう座」にありますが、

いっかくじゅう座の上部よりさらに少し上にあります。

(C)アストロアーツ/星空年鑑より(12/24/21時頃)

🌟クリスマス頃には東の空に上りかけた、冬の大三角形を探しましょう。

「いっかくじゅう座」が4等星ほどの明るさの星しかないので、目印には周りの

星を頼ります。

「こいぬ座」のプロキオンと「オリオン座」のベテルギウスと結んだ線の側にある

ことを気に留めておきます。次に、「ふたご座」を確認しましょう。「こいぬ座」

のすぐ上に二つ並んだ1等星と2等星が見つかります。

2等星が上側でカストルで、1等星が下側でポルックスです。

ポルックスとオリオン座のベテルギウスを結んだ線上に、ふたごの足に当たる

2等星のアルヘナがあります。

「ふたご座」のアルヘナから南へ下がると「ふたご座」の足先の星、ξ星があり

ます。「こいぬ座」のプロキオンと「オリオン座」のベテルギウスと結んだ線を

3等分してみます。

ベテルギウスから3分の1、プロキオンから3分の2のところに4等星があります、

それが「いっかくじゅう座」の13番星になります。

「いっかくじゅう座」の13番星と「ふたご座」の足先のξ星との中間地点に

ぼんやりとした4等星程の明るさが見えます。

冬の大三角形の中に「いっかくじゅう座」の4等星たちが見つかる場所では、

この「クリスマスツリー星団」も見えるので、頑張って探してみましょう。

双眼鏡など使うと、「クリスマスツリー星団」の中心に当たる星が、

「いっかくじゅう座」の15番星でS星とも言われる星で、青白い変光星が、

4.6等星の明るさで、見つけやすいでしょう。

黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。冬の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、見ても楽しいです。そして「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、合わせて見つけ方も紹介します。

(C)アストロアーツ/星空年鑑より(2/14/21時頃)

ちなみに、バレンタイン頃の空では少し高い位置で見やすいでしょう。南西よりの

空を見てみましょう。

名前の由来

🌟「クリスマスツリー星団」という名前はどこからきたのでしょうか。

双眼鏡で見たときに、十数個の明るい星がV字型に並んでいるのが見えます。

これを望遠鏡で見ると倒立像になり、上向きの矢印のようになるのが、クリスマス

ツリーのようなところから「クリスマスツリー星団」と呼ばれています。

冬の大三角形にあることもあり、まさにぴったりのネーミングというわけです。

クリスマス星雲を包むコーン星雲

(C)NASA

🌟「クリスマスツリー星団」の星たちは同時期に生まれている星たちです、

まだ生まれて間もない「クリスマスツリー星団」は、星間ガスに包まれています。

小型の天体望遠鏡では見ることができませんが、天体写真では、長時間露出撮影

すると、星雲が浮かび上がります。

その形から「コーン(円錐)星雲」と呼ばれています。

基本情報

基本情報

クリスマスツリー星団
天体番号番号 NGC2264
赤経 6h41.1m
赤緯 +9°53′
等級 3.9等
距離 2600光年
星座 いっかくじゅう座
種類 散光星雲+散開星団

まとめ

🌟「クリスマスツリー星団」について紹介しました。

肉眼では、星のよく見える場所でなら、ぼんやりと見ることができます。

冬の大三角形を目印にできるので、冬の間探して見てください。

このように季節によって、見える時期には星座だけでなく、星団も見えるので、

肉眼で見て欲しいです。

良い観望でありますように。。。

  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »