スポンサーリンク




星座の神話「うお座」

「うお座」は星が巨大な「く」の字型に連なっている姿をしています。

その姿からリボンで尻尾を繋がれた2匹の魚の姿を連想させて、

ギリシャ神話でも、リボンで繋がっている2匹の魚の

お話になっているようです。

始まりは、やぎ座の神話から繋がりがあります。

山羊座の神話を紹介しました。「やぎ座」は古くから知られている星座の一つですが、目立つ星があまりなく、暗いので、条件の良い時でなければ、見つけるのに苦労する星座でもあります。

プロローグ

ある日のこと、

あまりにも良い天気なので、神々は宮殿から出て、

オリンポス山にある、ナイル川のほとりで宴会を開きました。

太陽と音楽の神アポロンがたて琴をん奏でて、

音楽の女神ミューズは踊りを舞いました。

宴会は大いに盛り上がっています。

その時、突然、

生暖かい混ぜが吹き始めて、地鳴りのような唸り声が聞こえてきました。

怪物テュフォンが姿を現したのです。

テュフォンは大神ゼウスの祖母に当たる、大地の女神ガイアが

生み出した最強の怪物でした。

大地の女神ガイアは、大神ゼウスに可愛い息子たちを殺されたために、

怒り、大神ゼウスに復讐することを目的に、怪物テュフォンを

生み出したのです。

怪物テュフォンは天まで届くほどの大きさで、

巨大な翼は太陽の光を覆い隠し、足が大蛇で、

そのたくましい肩からは100匹の蛇と醜い顔の頭が生え、

鋭い目からは火を噴き、その口からは燃え上がる岩を吐いていました。

叫び声は天地を震わせ、吐く息は我慢できないほどの悪臭で、

嫌な臭いが周りに充満しています。

そのあまりにも不気味で恐ろしい姿が突然現れたのですから、

神々も慌てふためきながら逃げて行きました。

大神ゼウスは鳥となって大空に舞い上がり、

女神ヘラは雌牛となって逃げました。

太陽と音楽の神アポロンはカラスに、ディオニュソス神は山羊に、

女神アルテミスは猫に、アレース神はイノシシに、

それぞれ得意とする姿に変身して逃げたのです。

そして、今回の主役。

ここで登場です。

ナイル川へ逃げ出す時に、

愛と美の女神アフロディーテとその息子エロスは

魚に変身します。

その時、はぐれるといけないと思い、しっかりと、

体をリボンで結んでいました。

のちに、その姿を思い出し、面白がった大神ゼウスが、

その姿を星座にしました。

それが、「うお座」だと言われています。

実はこの最後の下には、違う説もあって、

母子愛に感動して、空に上げて、星座にしたのが「うお座」

だというのです。

みなさんはどちらがお好みですか?

。。。最後の下は、訳す方の好みで、伝わり方や解釈が、

違うのではないでしょうか。

エピローグ

この物語には少し後にも話は続いております。

「うお座」としてのお話は終わっているので、

興味のある方は続きをお読みください。

。。。もし、怪物テュフォンも星座として空に上げられていたら、

ここからのお話も、「テュフォン座はここからです。」

みたいな前書きの元、星座の神話として目にすることも

多かったことでしょう。。。

さて、主人公は大神ゼウスに移ります。

大神ゼウスは鳥(ワシ)となって一度は大空へ逃げます。

しかし、怪物テュフォンが暴れるその様子を見ていたのです。

見れば、娘である知恵の女神アテナだけが、怪物テュフォンに

立ちはだかって戦おうとしておりました。

娘に遅れをとっては一大事と、大神ゼウスは雷を手に持つと、

勇敢にも怪物テュフォンに立ち向かいました。

大神ゼウスの雷と怪物テュフォンの吐き出す炎で、

あたりは焼き尽くし、激しい戦いに大地は震え、海は大きく波打ちます。

大神ゼウスは全身の力を振り絞り、怪物テュフォンに向かい、

雷鳴と、稲妻の燃えさかるいかづちを投げつけました。

あまりにも激しい、大神ゼウスの攻撃に、さすがの怪物テュフォンも

怯み、一目散に逃げ出しました。

しかし、大神ゼウスは諦めず、後を追いかけました。

トラキアのハイモス山まで来た時、怪物テュフォンは反撃します。

なんと、全山脈を持ち上げ、大神ゼウスに投げつけたのです。

しかし、大神ゼウスはすかざず、いかづちで反撃し、

山々を怪物テュフォンに跳ね返しました。

まともに山脈がぶつかった怪物テュフォンは重傷を負います。

それでも、逃げ続けましたが、南のシチリア島まで来た時に、

大神ゼウスは巨大な山を持ち上げると、弱っている怪物テュフォン

めがけて投げつけ、その山の下に閉じ込めてしまったのです。

こうしてできたのが、シチリア島のエトナ山です。

エトナ山が時々噴火をするのは、怪物テュフォンが山の下で、

大暴れしているからなのだそうです。

Processed with VSCO with c1 preset

「うお座」と「みなみのうお座」との違い

「うお座」の神話と「みなみのうお座」の神話との違いは、

魚が1匹か2匹か、というところでしょうか。

ここからは私の勝手な考えですが、

主人公は同じ「愛と美の女神アフロディーテ」という点が

負の落ちません。

「神々の集まりが違う集いだった。」というのも説得力に

欠ける気がしてます。

エピソードが同じ説で、違う星座を説明するのは、

無理がある気がするので、

私は、「うお座」は愛と美の女神アフロディーテで、

「みなみのうお座」は豊穣の女神デルセトという説推しで行こうと

考えます。

同じエピソードで違う主人公で、星座違うというなら納得が

行くのですが。。。

みなさんはどう思われますか?

「みなみのうお座」のギリシャ神話の紹介をしています。諸説あるものの、代表的なものを2つ、紹介させていただいてます。「美の女神アフロディーテ」説だと、うお座とほぼ同じで、どうもしっくりいきません。ので、私は「豊穣の女神デルセト」説の方が、もっとらしいかな。と考えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

「うお座」の神話を紹介しました。

うお座は2匹の魚が繋がれた姿で描かれていますが、

神話の内容も魚に変身した親子がはぐれないようにと

結んだリボンでした。

また「みなみのうお座」との違いなどを独自の見解を話させて

もらいました。

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。