冬の星座の見つけ方「きりん座」

冬の星座




(C)国立天文台

 

このページは冬の星座の「きりん座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「きりん座」

 

🌟冬の星座ではありますが、北極星の近くにあり、1年を通して、

空にある星座です。

 

しかしながら、この星座は目立つ星がなく、暗い星ばなりで、

非常に探すのが難しい星座でもあります。

 

そんな「きりん座」を探してみましょう。

 

 

(C)アストロアーツ/星空年間

 

 

見つけ方

 

🌟場所は北の空で、北極星のある「こぐま座」と「ぎょしゃ座」の

間に位置しています。

 

1年を通して空にありますが、見頃は秋から冬とされています。

 

まずは、「ぎょしゃ座」のカペラを目印にしましょう。

 

カペラは冬のダイヤモンドの一角で、天の頭上近くににある1等星で、

「ぎょしゃ座」は五角形をしています。

 

冬の星座の見つけ方「ぎょしゃ座」
「ぎゃしゃ座」は冬の星座ですが、秋の深まりを感じる頃に、北東の地平線上に姿を現し始めます。ゆっくりと秋〜冬〜春と向きを変えながら5月下旬頃、北西の地平線に沈んでゆきます。探してみましょう。

 

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

 

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

 

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

 

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

 

もう少し詳しい冬のダイヤモンドはこちらのページをご覧ください。

季節の星座の見つけ方「冬のダイヤモンド」
冬のダイヤモンドの紹介をしました。意外に冬の夜空を大きく捉えないと、全体像が見えにくい形です。一度挑戦して見てください。普段1つ〜3つほどの、1等星しか探せない時でも、6つ繋がって探せる時期は、冬の間の特別です。

 

 

 

 

 

🌟カペラとすぐ東の「ぎょしゃ座」の2等星メンカリナンとの、

幅とほぼ同じ分だけ、北にゆくと、キリンの足の先の星の4等星があります。

 

そこからさらに同じ幅分で、4〜5等星が並んでいるのですが、

3つの星の後は三角形を作っている5等星があります。

3つ目の星を起点にするのですが、5等星なので、なかなか見えないときは、

天中の方へ目を向けると、「カシオペヤ座」のWがあります。

 

カシオペヤ座の一番北側の星を、先ほどの3つ目の星まで見てゆくと、

3つ目の星の角度90度ほどの三角形ですが、

その星と三角形を作る小さな星が見えてきませんか?

三角形は胴体部分となります。

 

続いて同じカシオペヤ座の端の星から、カペラまでを結んだ線の、

3分の1ほどのところに5等星があります。

先ほどの三角形の西側の方の5等星と結ぶとキリンの尾のなります。

 

残るは長い首ですが、三角形の東側の星から「こぐま座」へ向かって

真っ直ぐ伸びています。

 

「こぐま座」の2等星、β星コカブを目指し、北極星を少し過ぎたところに、

ほのかに光る5等星は見つかりましたか?

 

その星が頭部になります。長い首の間にある星はほとんど6等星以下なので、

かなり見るのは条件の良いところでないと、観るのは難しいでしょう。

 

 

 

🌟「きりん座」は17世紀に作られた新しい星座です。

 

ケプラーの甥で、後に養子になった、設定者のバルチウスは、

旧約聖書の「創世記」にある、嫁になるリベカをイサクの元へ運ぶラクダに

ヒントを得て、ここにラクダ座を考えていたと言われています。

 

しかし、ラクダ座のラテン名「Camelopardalis」と、ギリシャ語の

キリン「καμηλοπαρδαιος」が似ていた為に間違えたと言われています。

 

 

基本情報

 

基本情報

学名 Cameiopardails(略号Cam)
中央位置 赤経:8h48m   赤緯+69°
概略範囲 東14h25m,西3h11m,北+85°,南+53°
20時南中 2月10日(高度56°)
面積 756.83平方度(順位18)
肉眼星数 45個(5.5等)
設定者 バルチウス
主な天体 β星:重星 5.0~9.0等星

NGC1502:散開星団 6.9等星

NGC2403:渦巻き銀河 8.8等星

見どころ NGC2403=おおぐま座と境界の近い位置にある渦巻き銀河です。一年中、北の空のどこかしらに観ることができます。

 

 

 

 

この他の冬の星座

 

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

 

冬の星座たち
冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

 

まとめ

🌟「きりん座」の見つけ方を紹介しました。

目印になる「ぎょしゃ座」のカペラが、ひときわ輝くので、

 

そこから、北極星に向かって、きりんの姿をたどって見つけてください。

 

 

良い観望でありますように。。。。

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました