2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




冬の星座の見つけ方「はと座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは冬の星座の「はと座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「はと座」

🌟「はと座」は冬のかなり南の低い位置にある星座で、

3等星が2つほどあるので、コンディションが良ければ、

見つかります。

探して見てください。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟大体の場所は、同じく冬の星座の「うさぎ座」のさらに南にあります。

東側には「おおいぬ座」があります。

実は「おおいぬ座」の一部を割いて作られたという曰く付きです。

そのため、一部は繋がって見えます。

🌟まず、冬の星座ですので、冬の星座を満喫してから探してみましょうか。

「オリオン座」の南側のリゲルと、その隣で輝く「おおいぬ座」のシリウスを

把握しておきましょう。

その二つを目印にして見ましょう。

「おおいぬ座」と繋がっていたとされる部分は5等星が並ぶあたりなので、

少し探しにくいのです。

3等星のβ星ワズンを探しましょう。

シリウスとリゲルで南に向かって正三角形を作った時に、

3等星に行き着きます。このβ星は「はと座」の中心部にあたります。

3等星が2つ並んであるので、下側がβ星です。

その上にある方が、α星ファクトです。

β星を中心にして、南向きに翼を広げて、飛んでいる姿が描かれています。

β星から3つほどの5等星が「おおいぬ座」へと繋がっています。

β星からさらに南にある5等星が反対の翼になります。

見つかりましたか?

冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。
「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、そこから犬の姿をたどって見つけてください。また、「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる形です。「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。
冬の星座の「うさぎ座」の紹介をしました。オリオン座の足元にちんまりいる姿は可愛らしいですね。小さい星の集まりですが、場所がわかっている星座なので、星のよく見える場所で探してみてください。

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

もう少し詳しい冬のダイヤモンドはこちらのページをご覧ください。

冬のダイヤモンドの紹介をしました。意外に冬の夜空を大きく捉えないと、全体像が見えにくい形です。一度挑戦して見てください。普段1つ〜3つほどの、1等星しか探せない時でも、6つ繋がって探せる時期は、冬の間の特別です。

冬の大三角はというと

冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと

「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを

結んだかたちです。

夏の大三角形と入れ替わるように冬の夜空を彩ります。

もう少し詳しい冬の大三角形はこちらのページをご覧ください。

冬の大三角形の見つけ方を紹介しました。「冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを結んだかたちです。

🌟近世になって、作られた星座で、設定者のフランスの

オーギュスタン・ロワイエは、1679年に出版した星図に「ノアのはと座」と

記しています。

ですが、それよりも、70年ほど前のバイヤーの星図には、

「近頃、取り沙汰されているはと座」という記述が見られます。

基本情報

基本情報

学名 Columba(略号Col)
中央位置 赤経:5h45m   赤緯-35°
概略範囲 東6h28m,西5h03m,北-27°,南-43°
20時南中 2月10日(高度20°)
面積 270.18平方度(順位54)
肉眼星数 24個(5.5等)
設定者 ロワイエ(プランキウス)
主な天体 α星:ファクト 2.7等星

β星:ワズン 3.1等星

NGC1851: 球状星団 7.1等星

見どころ NGC1851=星座の右下(南西)の隅にある7.1等星の球状星団で、口径5cmで星雲状が、口径8cmで左右不揃いになった丸い形がわかります。

この他の冬の星座

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟「はと座」の見つけ方を紹介しました。

冬の星座は1等星が多く賑やかな雰囲気ですが、目立たない星座も多くあって、

探すのが難しいものもあります。

このはと座もその一つで、頑張って探して欲しいです。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »