南半球の星座「はえ座」

南半球の星座




 

このページは南半球の星座の「はえ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

お探しの星座はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

 

 

「はえ座」

 

🌟南半球の星座は、日本では沖縄で、いくつか見えますが、

それでも全部は見えません。

 

見つけ方の紹介はちょっと可笑しいので、星座の紹介に留めます。

南半球にはこんな星座があるんだ!と思ってください。

 

そして南半球へお出かけの際には参考にしてください。

 

「はえ座」はどこにある?

 

🌟沖縄からでも全貌は見えません。

アルマ望遠鏡があるチリの星空で「はえ座」のある位置を確認してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(アルマ望遠鏡から見た7月の星空)

 

🌟「みなみじゅうじ座」のすぐ南に位置しています。

「ケンタウルス座」「りゅうこつ座」との間にあるので、よく探して

みましょう。

 

大きさは「みなみじゅうじ座」より少し大きくらいで、目立ちません。

 

3等星のα星とβ星と4等星のγ星とδ星で作られている、少し歪んだ台形は、

大きさこそ違いますが、「からす座」の台形を思わせる形で、

見つけてしまえば、その後はすぐに見つかるようになる感じの台形です。

 

 

南半球の星座「みなみじゅうじ座」
南半球の星座「みなみじゅうじ座」を紹介しました。南半球にある星座で、見たことがなくても、名前は聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。みなみじゅうじ座を見る機会があれば、ぜひ探してください。
春の星座の見つけ方「ケンタウルス座」
「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。
冬の星座の見つけ方「りゅうこつ座」
りゅうこつ座」の見つけ方を紹介しました。「りゅうこつ座」の全貌を確認するには、南の方へ行くしかないのですが、1等星のカノープスは2月ごろには地平線あたりに観測できる時があります。ぜひ観測してみて下さい。
春の星座の見つけ方「からす座」
「からす座」をご存知でしょうか?小さな星座で、明るさも3等級ほどの4つの星が台形が、少しゆがんだような形に並んでいます。さて、「からす座」を探してみましょう。

 

 

 

はえ座はラカイユが18世紀に設定しましたが、ラカイユが設定するまでは、

ドイツのバイヤーが「ミツバチ」としていました。

 

また、イタリアのジョバンニ・リッチオリは「ミツバチまたはハエ」としました。

さらに、イギリスのエドモンド・ハレーは「ミツバチ・ハエ」としていました。

 

これらをラカイユが「ハエ」に設定したという経緯があります。

 

なぜハエにしたのか、ミツバチの方が同じようでも、可愛く映るのですが、

私なら絶対「ミツバチ」にしました。

 

 

基本情報

基本情報

学名 Musca(略号Mus)
中央位置 赤経:12h31m   赤緯-69.5°
概略範囲 東13h46m,西11h17m,北-64°,南-75°
20時南中 5月26日(高度-14°)
面積 138.36平方度(順位77)
肉眼星数 19個(5.5等)
設定者 バイエル(カイザーとホウトマン)
主な天体  

NGC4372=球状星団 7.8等星

 

見どころ NGC4372=γ星のすぐ南にある7.8等級の球状星団です。直視系は12’の大きさがあるので、口径10cmで周辺の星が見えるようになります。

この他の南半球の星座

 

この他の南半球の星座はこちらからお探しください。

 

南半球の星座たち
南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。

 

南半球以外の星座はこちらから探せます。

星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

 

 

まとめ

🌟南半球の星座「はえ座」を紹介しました。

 

南半球にある星座で、なぜハエにしたのか謎が残りますが、小さい虫をしたかった

ようです。「はえ座」を見る機会があれば、探してください。

蜂賛成派なりましょう。

 

良い観望でありますように。。。。

 

 

南半球の星座たち
南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節の星座の見つけ方
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
https://marchof-gabriel.com/page-4478
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました