2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




南半球の星座「インディアン座」

シェアする

このページは南半球の星座の「インディアン座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「インディアン座」

🌟南半球の星座は、日本では沖縄で、いくつか見えますが、

それでも全部は見えません。

見つけ方の紹介はちょっと可笑しいので、星座の紹介に留めます。

南半球にはこんな星座があるんだ!と思ってください。

そして南半球へお出かけの際には参考にしてください。

「インディアン座」どこにある?

🌟沖縄などの南方へゆくと一部が見られます。

アルマ望遠鏡があるチリの星空で「インディアン座」のある位置を

確認してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(アルマ望遠鏡から見た12月の星空)

🌟10月~11月ごろに沖縄で一部が見られます。

「みなみのうお座」の1等星フォーマルハウトを目印にしましょう。秋の唯一の

1等星で、南の低い位置にあります。

フォーマルハウトから更に南に下がるとつる座にある2つの2等星が、

並んでいます。真南に下がったほうがβ星、少し南西よりにあるのがα星です。

この時に「つる座」をきちんと確認しておきます。

「つる座」のβ星を中心として、十字を描くように「みなみのうお座」の尻尾を

目指してゆくと、ツルの長い首が辿れます。その先にある3等星のγ星を見つけて

おきましょう。

「つる座」のβ星とγ星を繋いだ線を、平行移動するように、南下してゆくと、

「インディアン座」の3等星のα星と4等星のδ星を、繋いだ線と重なります。

その中間よりもδ星寄りのところに4等星のθ星があります。δ星とθ星と同じ

くらいの長さを、θ星から90°より少し広い感じの角度で、南へ伸ばしてゆくと、

4等星のβ星にたどり着きます。

β星は沖縄では見えるか見えないかのところです。

関東からでも低い位置の星が見える場所でなら、α星が見えるかもしれません。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(沖縄八重山地方から見た11月の星空)

🌟南半球では更に下にある「くじゃく座」のピーコックを目印にするのも

いいでしょう。

星座図ではθ星を中心にα星と繋いだ線を上半身として、β星へ結ぶ線で弓矢などを

描いています。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
「つる座」の見つけ方を紹介しました。黄道星座よりもさらに南の低い位置にあることから、大気によって星の光が減光されてしまい、少し残念な星座ですが、「みなみのうお座」の1等星を目印にすれば、探しやすい
南半球の星座「くじゃく座」を紹介しました。南半球にある星座で、日本からは見えません。ですが、2等星の「ピーコック」という名前は、なんだか馴染みがありますね。「くじゃく座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。
「ぼうえんきょう座」の見つけ方を紹介しました。南の下の方にある星座で、全体をみるには南へいかないと見れませんが、目立つ星がないので、いて座やさそり座などを頼りに探してみましょう。
秋でも早い時期の南の空、低い位置でなんとか見ることができる「けんびきょう座」ですが、星の明るさが5等星以下ばかりで、さらに見つけるにはハードルが高くなります。そんな「けんびきょう座」ですが、観望会などで、秋の星座を取り上げる際には、ぜひ見つけて欲しいものです。

🌟以前の日本では、「インド人座」と訳されていました。

ですがこの「インディアン座」はアメリカの先住民を指しています。

基本情報

基本情報

学名 indus(略号ind)
中央位置 赤経:21h55m   赤緯-60°
概略範囲 東23h25m,西20h25m,北-45°,南-75°
20時南中 10月7日(高度-5°)
面積 294.01平方度(順位49)
肉眼星数 13個(5.5等)
設定者 バイエル(カイザーとホウトマン)
主な天体 θ星=重星 4.6~7.2等星
見どころ θ星=二重星になっていて、4.6等星と7.2等星の二つの星が6.0″の間隔で並んでいます。口径5cmで分離できます。

この他の南半球の星座

この他の南半球の星座はこちらからお探しください。

南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。

南半球以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟南半球の星座「インディアン座」を紹介しました。

南半球にある星座ですが、沖縄などの南方では、ギリギリ見えるか見えないかの

ところにあります。秋の1等星フォーマルハウトが目印となります。

「インディアン座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。

良い観望でありますように。。。。

季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »