2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星雲・星団・銀河どんな天体?「スターバースト銀河-NGC253」

シェアする

(C)NASA/NGC253

🌟「スターバースト銀河-NGC253」は「ちょうこくしつ座」にある特徴のある

銀河です。

名前のついている星団星雲・銀河をまとめました。その特徴から付けられた別名や、発見者の名前による由来などもあります。宇宙に興味を持つきっかけになればいいなと考えます。  



どこにあるの?

🌟所属星座は「ちょうこくしつ座」の領域にあります。

まずは周りの星座などと「ちょうこくしつ座」の位置を確認しましょう。

秋の星座「ちょうこくしつ座」のみつけ方を紹介しました。南の低い位置にあったり、星明かりがあまり明るくない、などの見つけにくい要素があるのですが、その位置は秋で唯一の1等星のすぐ左隣にあるなど、位置の確認はたやすいので、是非とも探してみて下さい。
まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。
黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古くシュメール時代に作られました。大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。
秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟「ちょうこくしつ座」というちょっと聞きなれない星座に、「NGC253」が

あります。聞きなれないという理由としては、低い位置にある星座で、特に目立つ

星がない事、それに付け加えて、「秋」という季節には、夏や冬ほどの賑わいが

感じられないからだからでしょうか。

ですが秋には秋の星の楽しみ方かあります。実は秋は夏よりも空気が澄んでいるの

でキラキラと美しい星が見られます。1等星が1つしかないのですが、星雲や銀河

など見つけやすい観測好機でもあります。

マニア向けに「NGC253」はオススメです。

🌟「みなみのうお座」のフォーマルハウトが少し低い位置で輝いています、その

東側に「ちょうこくしつ座」が広がっています。まっすぐ東へ真横に目を移すと

先に目につくのは「くじら座」の2等星のβ星デネブカイトスでしょう。

「くじら座」の2等星のβ星デネブカイトスから、南へ下がったところに

「NGC253」はあります。さらに下がると、「ちょうこくしつ座」の4等星のα星

に行き着きます。

ちなみにNGC253と「くじら座」の2等星のβ星デネブカイトスとの間には

NGC247という矮小渦巻銀河があり、「ちょうこくしつ座銀河群」との分類されて

います。

また、NGC253と「ちょうこくしつ座」の4等星のα星の間には「NGC288」と

いう球状星団もあります。

(C)NASA/NGC253

その特徴は?

🌟「ちょうこくしつ座」の近くにあるのですが、さらにこの近くには「ちょうこ

くぐ座」という星座もあって、この辺りは、南部の彫刻家の領域として、見られる

ので、この「NGC253」の銀河も彫刻された銀河と呼ばれる事もあります。

その姿はまさに彫刻されたような美しい螺旋銀河の姿をしていて、最も塵の多い

銀河の一つでもあります。塵が多いということは、螺旋状の腕の中では活発に星の

形成が行われていて、その様子は光沢のように光る渦状腕や、散りばめられたよう

な青い光などから読み取れます。

また、NGC253は高エネルギーのX線とガンマ線の強力な供給源としても知られて

いて、おそらくは中心近くの大規模なブラックホールによるものと考えられていま

す。

🌟南のアンドロメダ銀河と呼ばれ、アンドロメダ銀河に次いで、観測しやすい

銀河でもあるNGC235ですが、メシエ天体でないのは高度が低かったせいではない

か、と考えられています。発見者はウィリアム・ハーシェルの妹で、カロライン・

ハーシェルです。

基本情報

基本情報

スターバースト銀河
番号 NGC253
赤経 00h47.3m
赤緯 -25°17′
等級 8.0等
距離 1000万光年
星座 ちょうこくしつ座
種類 渦巻銀河

まとめ

🌟「スターバースト銀河-NGC253」について紹介しました。

低い位置にある銀河ですが、南のアンドロメダ銀河と呼ばれ、とても形の美しい

銀河としても人気のある銀河です。

機会があれば、大きな望遠鏡のある施設で探して見てください。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »