2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




春の星座の見つけ方「かみのけ座」

シェアする

(C)アストロアーツ/星空年間2018より

このページは春の星座の「かみのけ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「かみのけ座」

🌟「かみのけ座」という聞きなれない星座があります。

そして、星座がないような場所に実は星座がある、といったところにあります。

探してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟「かみのけ座」の周りには春の代表的な星座がたくさんあります。

「おおぐま座」「うしかい座」「おとめ座」「しし座」これらの星座のちょうど

真ん中に位置しています。

「おおぐま座」の見つけ方を紹介しました。春の代表的な星座で、北側にあるので、「おおぐま座」の名前を聞くよりも「北斗七星」のある星座としての認識の方が浸透しているかもしれませんね。
黄道星座ではありませんが、1等星があることや、春を代表する星座であることから、存在感のある「うしかい座」です。
「おとめ座」は全天で2番目に大きな星座です。横の大きく広がっています。「しし座」春の先駆けで、昇り始めた後を追うように、「おとめ座」の姿を現します。春先は南東の空に見え、ゆったりと南、西へと傾いてゆきます。
形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

そして、星座の星よりも散開星団の方が2等星ほどの明るさになるので、

ぼんやり星のように見えます。

そちらを目印にするのが一般的でしょうか。

観測するには月明かりもない、薄雲もない時をお勧めします。

「しし座」のレグルスから探してみましょう。

その次に「しし座」の尻尾にあるデネボラを確認してください。

レグルスは1等星ですが、デネボラは2等星です。

次に、「りょうけん座」の3等星アル・カロリを見つけます。

りょうけん座」の見つけ方を紹介しました。小さく暗い星でできた星座ですが、周りには「うしかい座」や「おおぐま座」など特徴のある星座などがあり、目印には事欠かないので、頑張って見つけて欲しいです。

「りょうけん座」のアル・カロリがわかりにくい時には、「おおぐま座」の尻尾の

北斗七星の柄の、端のから2番目の星ミザールとを結ぶんで、等間隔に3等分して

みてください。

ミザールから3分の1のところにアル・カロリがあります。ミザールから3分の2、

デネボラから3分の1のところに、ぼんやりとしたガスのようなものが見えて

きませんか?

目が慣れてくると、幾つかの星が散らばっているように見えます。

これが散開星団「Mel.111」です。

この散開星団の北の端に「かみのけ座」のγ星があります。

γ星から東へゲンコツ1つ分のところに4等星のβ星があります。

最後に、「しし座」のデネボラと「うしかい座」のアルクトゥルスを結んだ線の

ほぼ中間、アルクトゥルスよりのところに「かみのけ座」の4等星のα星が

あります。

この3つを結ぶとカギ型に見えます。これが「かみのけ座」です。

「かみのけ座」にある天体

「かみのけ座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

「Mel.111」について紹介しました。かみのけ座にある散開星団で、「ベレニケの髪の毛」とも言われています。肉眼では、ぼんやり見えます。「かみのけ座」自身はあまり目立つ星のない星座です。そこへ肉眼で見える星団を探すもの楽しいので、ぜひ探してみてください。
「M64-NGC4826-ブラックアイ銀河」について紹介しました。「ブラックアイ」と呼ばれていますが、赤い目のような螺旋が美しい銀河です。5月は観測好機となるので、望遠鏡で探してみましょう。
「M85-NGC4382-銀河」について紹介しました。「かみのけ座」にありますが、おとめ座銀河団の一員です。目印には散開星団の「かみのけ座」の「Mel.111」が役にたつでしょう。合わせて観測するのも楽しいですね。
「M88-NGC4501-銀河」について紹介しました。「かみのけ座」にありますが、おとめ座銀河団の一員です。「しし座」と「うしかい座」の春の第三角形を頼りに探すと良いでしょう。大体の場所は「おとめ座」の上部になります。
「M91-NGC4548(NGC4571)-銀河」について紹介しました。「かみのけ座」にありますが、おとめ座銀河団の一員です。重複したり、間違えてしまう程、近くに銀河が集中しているのですね。
「M100-NGC4321-銀河」について紹介しました。「かみのけ座」にありますが、おとめ座銀河団の一員です。見つける時には、春の大三角形の「うしかい座」アルクトゥールスと「しし座」のデネボラが一役買ってくれることでしょう。
かみのけ座にある「M53-NGC5024」について紹介しました。「おとめ座」の続きの様な少し上部にある「かみのけ座」にある、球状星団です。銀河の多い場所ですが、球状星団も美しい姿を見せています。

基本情報

基本情報

学名 Coma Berenices(略号Com)
中央位置 赤経:12h45m   赤緯+23.5°
概略範囲 東13h33m,西11h57m,北+34°,南+13°
20時南中 5月28日(高度78°)
面積 386.47平方度(順位42)
肉眼星数 23個(5.5等)
設定者 ティコ・ブラーエ(メルカトール)
主な天体 24番星:重星 5.2~6.8等星

Mel.111:散開星団 1.8等星

M64:NGC4826、渦巻銀河 9.3等星

NGC4565:渦巻銀河 10.3等星

見どころ Mel.111=γ星の下(南)に見える散開星団です。30個の星が集まっています。魔が慣れてくると、直径5″の範囲に点在する星々が見えてきます。
「Mel.111」について紹介しました。かみのけ座にある散開星団で、「ベレニケの髪の毛」とも言われています。肉眼では、ぼんやり見えます。「かみのけ座」自身はあまり目立つ星のない星座です。そこへ肉眼で見える星団を探すもの楽しいので、ぜひ探してみてください。

この他の春の星座

この他の春の星座はこちらからお探しください。

春の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
春の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

春以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟「かみのけ座」の見つけ方を紹介しました。

「おおぐま座」「うしかい座」「おとめ座」「しし座」これらの星座のちょうど

真ん中に位置しているので、星がないように見えますが、位置の把握はすぐに

できるでしょう。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »