2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



春の星座の見つけ方「おおかみ座」

シェアする

(C)国立天文台

🌟春と夏の星座の狭間にある星座です。

しかも南にありすぎて観測のしにくい星座です。

では、探してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

大まかな場所は「ケンタウルス座」の東隣にあります。

と言うのも、古くにはケンタウルス座の一部であったとされています。

「ケンタウルス座」の見つけ方を紹介しました。大きな星座ですが、全貌が見られません。地平線の上に出ている部分にはかろうじて2等星があるので、それを頼りに探して見てください。

古星図では、ケンタウルスの槍で、突かれているところが、描かれていて、

ヴィクティマ・ケンタウリ(ケンタウルスの犠牲)とも、言われました。

周りの星座をチェックしておきます。それは「おおかみ座」の位置は南の地平線の

近くにあり、形も少し複雑です、搦め手でいきましょう。

先に、形の話が出たので、参考したいのが、シリウスでおなじみの、

冬の星座「おおいぬ座」の形を思い浮かべてください。狼と犬だからか、よく形も

似ています。「おおいぬ座」をひっくり返した様なイメージです。

「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、そこから犬の姿をたどって見つけてください。また、「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる形です。「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。

黄道のすぐ下にあるので、「さそり座」の西寄りの南下、「てんびん座」の真下

あたりです。

まず頭部を。

「さそり座」の1等星アンタレスは心臓部分ですか、サソリの頭になる横並びの

4つ星の一番下の4等星の少し下に、3~4等星でできた小さな直角三角形の様な

形が出来上がります、それが狼の頭部になります。

胴体が少しややこしいのですが、

見つけた三角形の一番右の星から平行移動してゆくと、少しジグザグしながら

同じ3等星の星が5つほど並んでいます。4番目は2等星で少し明るいです。

3番目には2つが縦に並んでいますが、その3番目の上にあるのが「ケンタウルス

座」で、そこからはケンタウルス座になります。昔は一部であったと言うのも

頷ける近さですね。

3番目の下側のβ星から南へ下がって見ると「おおかみ座」にも2等星があります。

ただ低い位置なので、見つけにくいかと思います。この2等星がα星になります。

ここで、思い出して欲しいのが、おおいぬ座のをひっくり返した様な形です。

β星とα星を結ぶと後ろ足になり、三角形の右の星の隣のγ星までが首です。

胴体は、γ星から南に下がり気味に西へゆくと、3等星が2つ見つかります。

これらをα星と繋ぐとゆがんだ四角形ができます。

胴体の下側の3等星はほぼ見えないかと思います。それほど南スレスレです。

目安はa星の真下あたりです。

シッポはα星の隣にある4等星を繋いでください。

最後に前足は、三角形の右の星から2番目のδ星を起点にします。

この時確認して欲しいのがてんびん座で、てんびん座のα星ズベン・エル・ゲヌビ

から南へゆくとΟ星があります。赤っぽい3等星です。

見つかりにくい時には、「さそり座」のアンタレスと「おとめ座」のスピカを

繋ぐ線上に、α星ズベン・エル・ゲヌビから南下した交点あたりに、Ο星がくる

かと思います。

さてそのてんびん座のΟ星から、南へ下がるとδ星までに4等星が2つ見つかり

ます、これが前足となって、「おおかみ座」の完成です。

「おおいぬ座」とよく似ていませんか?

「おとめ座」は全天で2番目に大きな星座です。横の大きく広がっています。「しし座」春の先駆けで、昇り始めた後を追うように、「おとめ座」の姿を現します。春先は南東の空に見え、ゆったりと南、西へと傾いてゆきます。
黄道12星座の7番目の「てんびん座」として知られていますが、夜空のどこに見られるか探してみましょう。黄道なので、星占いで聞き及びのある星座同士の並びです。大まかな位置は「おとめ座」と「さそり座」の間にその姿を現しています。
黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。

基本情報

基本情報

学名 Lupus(略号]lup)
中央位置 赤経:15h09m   赤緯-42.5°
概略範囲 東 16h05m ,西 14h13m ,北-30°,南-55°
20時南中 7月3日(高度13°)
面積 333.68平方度(順位46)
肉眼星数 50個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 ξ星:重星 5.3~5.8等星

NGC5822:散開星団 7.0等星

NGC5927:球状星団 8.0等星

NGC5986:球状星団 7.5等星

見どころ ξ星=二重星になっていて、5.3等星と5.8等星の二つの星が、10.37″の間隔で並んでいます。口径5cmで楽に分離できます。

🌟古代ギリシャではセリオン(野獣)と言われていました。紀元前3世紀、

アラトスの「ファイノメナ」という著書には、「ケンタウルスが右手でつかんで

いる野獣」と表現されています。

特に神話などは伝わっていないとされますが、こんなお話もあります。

大神ゼウスは、高慢なアルカディアの王リュカオンとその息子たちを試そうと、

労働者の姿になって訪問しました。

リュカリオンらは、人肉を混ぜた料理を供したために、ゼウスは怒って、彼らを

狼の姿に変えたと言います。

それが「おおかみ座」で星座になって、ケンタウルス座に槍で突かれた姿に

描かれています。

まとめ

🌟「おおかみ座」の見つけ方を紹介しました。

少し見つけるのは難易度の高い星座です。形もですし、位置も低いので、

頑張って見つける部分だけでも探してみましょう。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »