スポンサーリンク




秋の星座の見つけ方「カシオペヤ座」

(C)国立天文台

秋の深まりと共に北の天高くにその姿が捕らえやすくなってきます。

と言っても、かなりの方はカシオペヤ座の5つの星が描く「W」、

時には「M」にも見える姿は馴染みの形ではないでしょうか。

特に「W」で見える形の方が覚えがいいのは、

一番見やすい秋頃にある姿が「W」だからでしょう。

1等星があるわけではなく、特に大きい星があるわけでも、

黄道12星座でもない、星座ですが、こんなにメジャーなのは、

形が覚えやすいのと、北斗七星と同様に「北極星」を探す時に

まず「W」を。というような流れになっているからでしょうか。

さて、

見つけ方は

「北の空の5つ星で「W」となっているのが、

カシオペヤ座です。」

見つかりましたか?

ちょっと説明不足でしょうか。

でも、北の空を見ていたでければ、納得いくのではないでしょうか。

「カシオペヤ座」も古い星座の一つです。

ギリシャでは「カシオペヤ座」の事を「ラコニアの鍵」と

呼んでいたという事です。

ラコニアは古代ギリシャ南部の国で、鍵はこの国の発明品、

という説から来ています。

アラビアでは「W」の形をマニキュアで染めた手に見立てて、

「ヘナで染めた手」という古い呼び名もあります。

日本では「山形星」や「錨星」などで、

ほぼ一年中北側の空に見えるので、北極星の上に見えるMは山形に、

北極星より低く見える時はWの錨に、例えていたようです。

「カシオペヤ座」は北斗七星が見えずらくなる秋から冬にかけて

北極星を見つける大切な星座となります。

北極星の見つけ方

❶「W」に見た時の右側の

「β(ベータ)星」上側と「α(アルファ)星」下側、

その2点を結ぶ線を下側のα星の方へ延長します。

❷「W」に見た時の左側の

「ε(イプシロン)星」上側と「δ(デルタ)星」下側、

その2点を結ぶ線を下側のδ星の方へ延長します。

❸ 上記1と2の延長した交点と、「W」の真中にある

「γ(ガンマ)星」とを結んで、その長さの5倍を

γ星の方へ伸ばしたところが北極星の位置になります。

現在はこぐま座のα星「ポラリス」が北極星として使われていますが、

北極星というのは、天の北極であり、星の名前ではありません。

その位置に一番近い星が目印になるのです。

大切な役目です。

ずれて行く北極点

なぜそんなことになるか、というと、

地球の自転軸の差異運動による自転している物体の回転軸が

円を描いて振れる現象を言いますが、

この差異運動によって、春分点と秋分点が黄道に沿って、

西向きに移動していきます。

この春分点の移動によって天の北極や赤道が動く事になるのです。

そのため、近い星を仮の目印としているわけです。

と言っても、この移動はかなりの時間をかけての移動になります。

周期はおよそ2万5800年です。

(C)国立天文台

1 こと座α星ベガ 紀元前11500頃
2 りゅう座α星トウバン 紀元前2790年頃
3 こぐま座α星ポラリス 紀元前1100年頃〜現在〜西暦2100年頃、最も天の北極に近づきます。
4 ケフェウス座γ星エライ 西暦4100年頃
5 ケフェウス座β星アルフィルク 西暦6000年頃
6 ケフェウス座α星アルデラミン 西暦7800年頃
7 はくちょう座α星デネブ 西暦10200年頃
8 はくちょう座δ星 西暦11600年頃
1 こと座α星ベガ 西暦13000年頃

ほぼ同じ行程を繰り返します。ただし、恒星固有運動のためにずれはあります。

北極星の記事の参考サイト

基本情報

基本情報

学名 Cassiopeia(略号Cas)
中央位置 赤経:1h16m   赤緯+62°
概略範囲 東3h36m,西22h56m,北+78°,南+46°
20時南中 12月2日(高度63°)
面積 598.41平方度(順位26)
肉眼星数 51個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:シェダル 2.2等星

β星:カフ 2.3等星

η星:重星、3.6~7.4等星

SU:変光星、5.7~6.2等星、1.949319日周期

M52:NGC7654、散開星団、6.9等星

M103:NGC581、散開星団、7.4等星

NGC281:散光星雲、7.4等星

NGC7635:散光星雲、11.0等星

IC1805;散光星雲、6.5等星

IC1848:散光星雲、6.5等星

見どころ 散開星団M52=ケフェウス座との境界近くにある星数120個の散開星団。α星からβ星を結び、そのまま同じ長さを延ばしたところに位置しています。光度は6.9等なので双眼鏡で星雲状に見えます、口径6cmの40倍になると淡い光芒の中に幾つかの星が集まっているのがわかります。

散開星団M103=δ星の近くにある7.4等の散開星団で、60個の星が集まっています。口径8cmクラスで楽しめます。

まとめ

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。

形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。

またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための

貴重な目印となる星座です。

関連記事

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。

参考文献・参考サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。