スポンサーリンク




季節の星座の見つけ方「かんむり座」

「かんむり座」と聞いてもあまり聞き馴染みのない星座ですが、

「かんむり座」は紀元前3200年ごろにはすでに

星座として認識されているほど、古くからある星座です。

この頃は花の輪がイメージされていたようですが、のちに

かんむりが描かれるようになりました。

星座をかたどっている星々は4等星以下が多く、

暗い印象ですが、小さい7つの星が半円を描く形に

ならんでいて、整った形から目立つ星座です。

時期的なことを申しますと、天中に見えるのが、

4月下旬の3時頃〜7月下旬の21時頃あたりでしょうか。

今頃は20時ごろで前上に見えるでしょう。

首が痛くなるくらいの角度ですね。

一番明るい星が2等星の「アルファッカ」で7つのうち

真ん中にあたります。

「アルファッカ」の意味は「欠けたものの明星」という意味で、

これはかんむりの形がU字型をしているように、半円形が

「欠けたもの」を連想させるのでしょう、その中での「明星」。

とても美しいさがひときわ際立つ感じが現れていますね。

アルファッカは別名、宝石という意味の「ゲンマ」とも言われ、

かんむり座の中でも一つだけ輝いているので

かんむりの宝石と見立てたのでしょう。

ちなみに、「アルファッカ」はα(アルファ)星で、

地球からの距離は約75光年のところにあります。

場所は、「ヘラクレス座」と「へび座」と「うしかい座」と

に挟まれています。

形がはっきりしているので、見つけやすいでしょう。

しかも、一度見つけてると、その後はすぐに見つかるように

なります。

「ヘラクレス座」の棍棒を持つ右手側と、「へび座」の頭部、

「うしかい座」のアークトゥルスより天中よりに見えます。

「うしかい座」のアークトゥルスは「春の大曲線」の一点です。

アークトゥルスは1等星なのでそちらから見つけるほうが

見つかりやすいかもしれませんね。

7つの星が半円を描いている姿から、

中国では牢屋に見立てて、「貫索(かんさく)」と呼ばれていたり、

オーストラリアでは「ブーメラン」、

日本では「車星」、「太鼓星」、「長者の釜」、「鬼の釜」

などと呼ばれています。

また、「北のかんむり座」と呼ばれることもあります。

それは「いて座」の南に「南のかんむり座」があるためです。

「かんむり座」の二番目に明るい星は3等星のβ(ベータ)星です、

この星は地球から114光年のも離れたところにあります。

三番目に明るい3等星のγ(ガンマ)星の

地球までの距離は145光年です。

星の光はそんな長い旅をして地球に届いているのですね。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。