2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星雲・星団を見てみよう「M8-干潟星雲」

シェアする

(C)NASA/M8

🌟「いて座」にある「M8-干潟星雲」を見てみましょう。

今回の干潟星雲は5.8等星なので、普通の場所では肉眼では、見つからないので、

双眼鏡でボンヤリ、よく星の見える場所では、ぼんやりは肉眼でも確認できるで

しょうか。望遠鏡で散光星雲が確認できます。

「いて座」は夏の星座です、夏休みに星が綺麗に見える場所へお出かけして、

ぜひ探してください。



見つけ方

🌟「いて座」にあります、「さそり座」や「へびつかい座」に挟まれた天の川に

あります。

まずは「いて座」を確認しましょう。

「いて座」の見つけ方を紹介しました。「いて座」は「さそり座」と、共に黄道の9番目の星座として古くから存在する星座の一つで、アッシリアの彫刻では、サソリの胴体を持った人間が弓矢を引き絞っている姿で描かれています。
黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。
「へびつかい座」と「へび座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。黄道の近くのあるので、見つかりやすいでしょう。二つの星座が合わさっているので、とても珍しいので、ぜひ覚えて欲しいです。

(C)アストロアーツ/星空年鑑より

🌟「いて座」が確認できたら、南斗六星の柄杓型は見つかりましたか?

柄杓の柄の一番端にあるμ星から、さそり座のε星の方向へ伸ばした線と、

「いて座」のλ星から、「へびつかい座」のθ星の方へ伸ばした線の交点の

あたりを探しましょう。

星のよく見える場所でなら、雲のようなぼんやりが見えるでしょう。5.8等星とも

なれば、双眼鏡で見ることをオススメします。

この干潟星雲は、5.8等星ではありますが、冬のオリオン座大星雲に、並ぶほどの

星雲です。

オリオン座大星雲は「オリオン座」の真ん中の三つ星があります。その下にある「小三つ星」と言われる縦一列に並んで三つの星のような光があります。実はこれは三つの星ではなく、三つ星の中央が「オリオン座大星雲」です。

星雲のガスの流れが、潮が引いた後の砂浜のように見えることから、「干潟星雲」

と呼ばれています。

この干潟星雲と重なって星団が見えます。こちらはNGC6530のナンバーが付いて

います。この星団の星たちは、干潟星雲の中で生まれた星たちのようです。

夏の星団ウォッチングのススメ

夏の星団ウォッチングポイントを紹介しました。天の川にある「いて座」は銀河の中心に向かっているので、たくさんの星団や星雲があります。環境の良い場所へ行く機会を夏休みに、絞って、天の川を見にく社員旅行や、女子旅もいいですし、夏休みの自由研究もいいかもしれませんね。

夏の星座である「いて座」のある星雲を星の綺麗な場所で観察して見るのも

楽しいことです。銀河の中心部を向いているおかげで、星団が集まっているので、

いくつ見つけられるか、挑戦してみましょう。

(C)NASA/M8

🌟今ではM8は干潟星雲として、認識されていますが、メシエは星団として

カタログに登録していました。その記述が「普通の望遠鏡では星雲状ににえるが、

良い機材では小さな星が多数見えるだけの星団である。」としています。

ちなみに、ウィリアム・ハーシェルは「二つに別れた広大なミルク状の星雲物質」

と観測しています。

いつから干潟星雲と呼ばれるようになったかは、1890年に出版されている、

天文書「星の世界」に初めて登場しました。

基本情報

基本情報

M8-干潟星雲
番号 M8/NGC6523
赤経 18h03.8m
赤緯 -24°23′
等級 5.8等
距離 3900光年
星座  いて座
種類  散光星雲

まとめ

🌟「M8-干潟星雲」について紹介しました。

「いて座」にあります、南斗六星が目印になるでしょう、わかりにくい方は

「さそり座」のアンタレスから探してみましょう。

市街地では肉眼で、見ることはできません。双眼鏡をお持ちなら双眼鏡で

見てください。双眼鏡でもボンヤリです。

夏の星座ですので、夏休みに星の綺麗な場所へ出かけてぜひ探して見ましょう。

観望会などでは、いて座のその他の天体なども紹介してくれるはず

ですので、尋ねてみてください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »