星コラム「10月の星空」

2018年




 

 

🌟2018年10月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

 

 

ジャコビニ流星群

(C)国立天文台

 

🌟10月8宵の頃〜9日未明に極大を迎えます。

9月中旬には母体の「ジャコビニ・ツィナー彗星」が回帰中と注目度の高い中での

流星群です。月に影響もなき時期ですので、観測してみてください。

 

流星群を見てみよう「ジャコビニ流星群(りゅう座流星群)」
ジャコビニ流星群(りゅう座流星群)の紹介をしました。「りゅう座」は1年中見えている星座なので、ピークと言われている時間帯よりも早い時間から見え始めることもあります。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
夏の星座の見つけ方「りゅう座」
「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星があるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿を見つけることができます。

 

月と土星の接近

 

🌟10月15日の日没後の南西の空では、土星の接近が見られます。

低い位置の星も見える場所でなら、西に空へ消えてゆく木星も見えます。

土星木星の間には「さそり座」のアンテレスも、見納めのように赤く輝いて

います。

 

(C)国立天文台

 

月と火星の接近

 

🌟10月18日の日没後の南の空では、火星が接近します。

この接近は「やぎ座」の逆三角形の中で起こります。改めて、「やぎ座」を確認

するのもいいですね。

また、この頃になると、春頃から続いた惑星たちの観察好機が終わりに近づいて

います。

秋の星座の見つけ方「やぎ座」
黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古くシュメール時代に作られました。大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。

 

水星と木星の接近

 

🌟10月29日の日の入り後すぐの時刻の西の空で、水星木星が接近します。

かなり低い位置が見える場所での観測をお勧めします。

南西には土星、南には火星が誰が一番星かを競うように、薄闇が広がる前の中で、

美しく輝いています。

星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

 

オリオン座流星群

 

(C)国立天文台

 

🌟10月22日が極大を迎えますが、25日の満月がまだ明るいままで、昇るので、

観測には不向きです。光が目に入らないよう工夫して見てみますか?

オリオン座流星群はハレー彗星が母体です。

流星群を見てみよう「オリオン座流星群」
オリオン座流星群の紹介をしました。秋に見頃の流星群は寂しさ漂う秋の風情を、ほんのちょっと賑やかにしてくれる楽しい天体ショーとなることでしょう。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
冬の星座の見つけ方「オリオン座」
冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。

 

(C)国立天文台

 

天王星がおひつじ座で衝

 

🌟10月24日には天王星「おひつじ座」で衝を迎えます。

5.7等星の明るさです、日頃から星のよく見える地域の方は、小さな光が捉え

られるでしょう。3等星ぐらいまでしか見えない地域の方は双眼鏡を使った方が

確実に観測できるでしょう。さらに、望遠鏡を使えば、天王星の特徴でもある、

青緑の小さな円盤が確認出来ることでしょう。

 

この衝は「おひつじ座」の域ですが「うお座」よりの場所です。

(C)国立天文台

 

というのも、1月〜5月ぐらいまでは、「うお座」のΟ星の付近にありました。

黄道にそうように6月〜12月までは「おひつじ座」の領域を進みます。

観測してみてください。

太陽系惑星について「天王星」
淡い環を持つ横倒しの天王星、天体望遠鏡では見えませんが、天王星にはごく細い環があります。メタンの厚い雲に覆われているため、木星のようにはっきりとした模様は見られません。そして、赤い光を吸収してしまうため、全体に青っぽく見えます。
秋の星座の見つけ方「おひつじ座」
金の毛を持つひつじを象った星座の「おひつじ座」の見つけ方を紹介しました。秋の星座は光の少ない星座が多いので探すのが大変ですが、「おひつじ座」は黄道12星座の始まりの星座です。
秋の星座の見つけ方「うお座」
「うお座」の見つけ方を紹介しました。黄道12星座の最後の星座ですが、目立つ星があまりないので、「く」の字型という形と周りの星座の並びから、導き出すやり方が妥当でしょう。

 

 

来月の星空

 

11月の星空はこちらをご覧ください、

星コラム「11月の星空」
2018年11月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。今期の惑星の観察好機が11月で見納めになる頃です、その他はウィルタネン彗星やジャコビニ流星群とオリオン座流星群は注目ですね。機会が許す限り観察してみて下さい。

 

 

 

2019年度版星空年間(2018/11/30発売予定)

 

 

 

 

 

まとめ

🌟2018年10月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

 

今期の惑星の観察好機が10月で見納めになる頃です、そのほかは、

ジャコビニ流星群オリオン座流星群は注目ですね。

機会が許す限り観察してみて下さい。

 

 

良い観望でありますように。。。

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。
星空観測「双眼鏡を使ってみよう」
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました