2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「5月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2019年5月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

4月の星空

4月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年4月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。今月は、惑星の動きと、合わせて、ヒアデス星団食が見所になっています。こと座流星群も極大日があるになあるのですが、月の影響を受けそうな、日程で、ちょっと残念です。

5月の惑星の動き

等級 星座
水星 -0.4~-1.2等 うお座→おひつじ座→おうし座 月初は夜明け前の東の空で観測可能です。次第に太陽に近付いてゆくので、観測には適さなくなります。21日には外合となるので、それ以降、次第に夕方西の空で確認できるようになります。
金星 -3.8~-3.8等 うお座→おひつじ座 夜明け前の時間帯で明けの明星として楽しめますが、次第に太陽に近付いてゆくので、だんだんと低空にもなり、見えにくい状態になってゆきます。
火星 1.6~1.8等 おうし座→ふたご座 8時頃に東から昇ってきます。確認できるのは夕方の時間帯から、南西の空で見えます。およそ20~21時ごろ西へ沈みます。火星は移動するのが早いので、月初にはおうし座のツノの辺りにあるのが、月終わりには双子座の足のところまできます。
木星 -2.3~-2.4等 へびつかい座 夜も更ける頃に夏の星座が南東に顔を出すと同じく、夏の星座「へびつかい座」にある木星も昇り始めます。西に沈むのが夜が明けてからです。その間は観測好機となります。
土星 0.5~0.3等 いて座 日付が変わる頃に東の空から昇り始めます。木星の後を追う感じで観測できます。太陽が昇って8~9時頃西へ沈んでゆきます。
天王星 5.9~5.9等 おひつじ座 4月23日の合以降、太陽の先を行くようになって、明け方の東の空から昇り始めます。下旬になるほど太陽と差が開いてゆきますが、低空で観測しにくいでしょう。
海王星 7.9~7.9等 みずがめ座 2時前後に東の空から昇り始めます。太陽の前を移動しているので、日中に西へ沈んでゆきます。観測は夜明け前までの時間となります。
通常では、天王星と海王星は肉眼では見えません。双眼鏡などお使いください。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

月と金星が接近

🌟5月3日の夜明け前、元号が変わるタイミングの連休中ですね。

慌ただしく、している方も、そうでない方も、同じ空がやってきます。

今回のはかなり細いです。新月の2日前という細さの月と金星の共演です。

季節的に朝も早くに明るくなり出します、早起きも時間に気をつけないと、明るくて

見えないなんてことのないように、気をつけましょう。

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

みずがめ座η流星群が極大

🌟5月7日の「みずがめ座η流星群」は三大流星群よりは、注目度の低い流星群ですが、

比較的多く流星が流れると期待される流星群です。

5月6日の23時に極大を迎えると予想されています、秋の星座なので、この時間には

まだ放射点が昇っていません。7日の3時ごろから明け方までが、見時です。

この日は月明かりがなく、観測的には好機です。

みずがめ座エータ流星群の紹介をしました。秋の星座ですが、流星群は春先に出現します。流星群の見頃が明け方なので、覚えにくいかも知れませんね。

月と木星が接近

🌟5月21日には満月から欠け始めた、月齢16ごろの木星が接近します。

まだ月明かりが強いですが、木星も明るいので、その存在感は負けていません。

その左側には土星も見えています。

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。

(C)国立天文台

月と土星が接近

🌟5月23日には21日に木星の左側にあった、土星の近くに月がやってきます。

2日経ってまた少し欠けている月の姿を比べて見ましょう。

さらに東側には低い位置に金星も出ています。

美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

準惑星ケレスがさそり座で衝

🌟5月29日に準惑星ケレスが「さそり座」の1等星アンタレスの北寄りで「衝」

迎えます。

この場合の「衝」とは、地球から見て、太陽と反対側に準惑星ケレスが観測できる時に

使う言い方です。

7等星ほどしかないので、肉眼では見えませんが、双眼鏡で捉えることができる

でしょう。この時期「さそり座」「へびつかい座」の間には木星もあり、

観測は楽しいでしょう。

また、方角的に銀河の中心部を向いている天の川があるので、たくさん星が見えて

それも楽しいでしょう。

6月の星空

6月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年6月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。大きな天体ショーはないですが、月の動きや、惑星の動きが面白い時期です。じっくりと楽しんで見てください。

2019年度版星空年間(2018/11/30発売)

2019年の星空の関連記事はこちらを参考に書かれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天体観測手帳【1000円以上送料無料】
価格:1382円(税込、送料無料) (2019/1/23時点)

楽天で購入

とても詳しくて、オススメです。ただ文字が小さいので、ルーペが入ります。(^^;

まとめ

2019年5月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

今月は即位がある記念すべき時なので、何かと忙しい方もいらっしゃると思いますが、

一息つく時に夜空を眺めて見ましょう。

「みずがめ座η流星群」は時間帯が厳しいですが、天気さえよければ流星群は

見応えがあります。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »